アメリカ合衆国国旗

「アメリカ合衆国」現在の大麻の合法化状況

/

21世紀の米国では、大麻合法化は大きなテーマであり、重要な社会的動向となっています。

米国では、嗜好用・医療用を問わず、大麻は連邦レベルでは1937年に初めて違法となって以来、現在も違法です。マリファナは規制物質に分類されており、乱用の可能性が高いとされ、医療目的での使用も認められていません。

しかし、多くの州が州法を改正し、医療や嗜好用の大麻を合法化しています。2013年、アメリカ合衆国司法省は、未成年者への販売、州をまたいだ販売、カルテルやギャングによる違法行為、大麻に関連する事故を抑制する規制を州が制定する限り、州レベルの合法化に対して異を唱えて訴訟を起こすことはないと発表しました。

大麻の合法化とは、大麻の生産、流通、所持、使用などの行為に対する刑事罰を撤廃することであり、これらの罰則を大麻の商業活動に対する規制に置き換えることも含みます。

合法化に関する州別ガイド
以下では、米国の合法化状況が一目で分かるようになっています。州名をクリックすると、その州の詳細情報が表示されます。

州や地域

合法区分

アーカンソー州(Arkansas

医療

アイオワ州(Iowa

医療

アイダホ州(Idaho

違法

アラスカ州(Alaska

医療&嗜好

アラバマ州(Alabama

医療

アリゾナ州(Arizona

医療&嗜好

イリノイ州(Illinois

医療&嗜好

インディアナ州(Indiana

違法

ウィスコンシン州(Wisconsin

違法

ウェストバージニア州(West Virginia

医療

オクラホマ州(Oklahoma

医療

オハイオ州(Ohio

医療(一部地域で嗜好非犯罪化)

オレゴン州(Oregon

医療&嗜好

カリフォルニア州(California

医療&嗜好

カンザス州(Kansas

違法

グアム(Guam

医療&嗜好

ケンタッキー州(Kentucky

違法

コネチカット州(Connecticut

医療&嗜好

コロラド州(Colorado

医療&嗜好

サウスカロライナ州(South Carolina

違法

サウスダコタ州(South Dakota

医療&嗜好

ジョージア州(Georgia

違法

テキサス州(Texas

違法

テネシー州(Tennessee

違法

デラウェア州(Delaware

医療(嗜好1オンスまでを非犯罪化)

ニュージャージー州(New Jersey

医療&嗜好

ニューハンプシャー州(New Hampshire

医療(嗜好3/4オンスまでを非犯罪化)

ニューメキシコ州(New Mexico

医療&嗜好

ニューヨーク州(New York

医療&嗜好

ネバダ州(Nevada

医療&嗜好

ネブラスカ州(Nebraska

違法

ノースカロライナ州(North Carolina

違法

ノースダコタ州(North Dakota

医療(0.5オンスまでを非犯罪化)

バージニア州(Virginia

医療&嗜好

バーモント州(Vermont

医療&嗜好

ハワイ州(Hawaii

医療(嗜好非犯罪化)

フロリダ州(Florida

医療

ペンシルバニア州(Pennsylvania

医療

マサチューセッツ州(Massachusetts

医療&嗜好

ミシガン州(Michigan

医療&嗜好

ミシシッピ州(Mississippi

違法

ミズーリ州(Missouri

医療

ミネソタ州(Minnesota

医療(嗜好42.5gまでを非犯罪化)

メイン州(Maine

医療&嗜好

メリーランド州(Maryland

医療(嗜好10gまでを非犯罪化)

モンタナ州(Montana

医療&嗜好

ユタ州(Utah

医療

ルイジアナ州(Louisiana

医療

ロードアイランド州(Rhode Island

医療(嗜好1オンスまでを非犯罪化)

ワイオミング州(Wyoming

違法

ワシントン州(Washington

医療&嗜好

ワシントンD.C.District of Columbia

医療&嗜好

アメリカ領ヴァージン諸島(Virgin Islands of the US

医療(嗜好1オンスまでを非犯罪化)

プエルトリコ自治連邦区(Puerto Rico

医療

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...