アントラージュ効果とは?

カンナビノイドの組み合わせの科学

想像してみてください。

一人でいる時のあなた、友人といる時のあなた、家族といる時のあなた、仕事場でのあなた、見知らぬ人が多いパーティーでのあなた。

誰といるか、その組み合わせ、環境によってあなたの気分は変わりませんでしたか?

大麻には、THC、CBDを始め効果効能を発揮する数多くの化合物が含まれています。

「アントラージュ効果」とは、単一で摂取した時にはない、複数の組み合わせによる相互作用によって独自の効果効能を生むという考えのことです。

カンナビノイドとテルペン

カンナビノイドとテルペンは、脳や体への影響、味や香りなど、大麻のすべてに関係しており、これらが組み合わさることでアントラージュ効果が生まれます。

 

カンナビノイド

カンナビノイドとは、大麻(カンナビス)に含まれる化学物質の総称。

THC(テトラヒドロカンビノール)、CBD(カンナビジオール)という最も知られているカンナビノイドを始め、CBN、CBG、CBC、CBDA、THCA、THCVなど100を超える異なるカンナビノイドが大麻には含まれています。

 

テルペン

大麻には、テルペンと呼ばれる油分が分泌されています。テルペンは、大麻の香りや味を特定の方向に導くものです。例えば、リナロールは花のような味と香り、カリオフィレンはスパイシーでコショウのような香りを与えます。

テルペン類は、大麻の香りや味を特徴づけるだけでなく、大麻の効果にも関与しています。

ラベンダーに含まれるリナロールを嗅ぐと不安や痛みを和らげる働きがありますが、リナロールを含む大麻でも同様の働きをします。柑橘系は抗うつ作用がありますが、大麻でもリモネンというテルペンが含まれており、これがうつ病の改善に役立つことが分かっています。

アントラージュ効果の考えを持つ研究者やその支持者は、大麻を全体で摂取すると、個々のカンナビノイドやテルペンを単独で摂取した場合とは異なる効果があると主張しています。

アントラージュ効果という言葉は、1999年に行われたカンナビノイドの研究で、MechoulamとShimon Ben-Shabatが作りました。彼らは、植物薬が植物内の有効とされる個別成分摂取よりも効果的な場合があるのは、未解の成分も含めたアントラージュ効果によってもたらされるからとしています。

THCCBDは、ほとんどのマリファナに高濃度で含まれているカンナビノイドです。この2つのカンナビノイドの相互作用は広く知られておりアントラージュ効果があるという証明の一つとなっています。

アントラージュ効果を得る摂取と抽出法

どのような大麻製品が、アントラージュ効果を得やすいのでしょうか?

大麻製品は、植物からのカンナビノイドやテルペンの抽出法の違いによって製品に含まれる成分や効能が大きく違ってきます。ここでは、代表的な3つを紹介します。

 

 

抽出法

フルスペクトラム

大麻に含まれるカンナビノイドやテルペンなどが全て含まれています

ブロードスペクトラム

フルスペクトラムからTHCが除去されたもの

アイソレート

単一の成分のみ

 

アントラージュ効果を得るためには、世界では多くの人がカンナビノイドやテルペンを多く含む製品を好む一方で、アイソレートを楽しむ理由もあります。どのカンナビノイドを摂取しているかを正確に知ることができ、興味のないカンナビノイドを吸収する心配もありません。

ただし、まだまだ大麻の薬効の組み合わせによる科学であるアントラージュ効果は世界でも研究段階であり、日本人の遺伝子にとって何が良いのかは全く分かっていません。

また、この記事を読んでいる方の中には肉体労働の方もいればテレワークで家から出ない方、肉を食べる方食べない方、運動習慣のあるなし、お酒に強い弱いなど人それぞれに体内で求められる栄養素も違い、大麻の成分同士の組み合わせのアントラージュ効果だけでなく、「あなたと大麻製品」とのアントラージュ効果もあり、人それぞれのベストプロダクトがあると私は感じています。

世界の大麻合法化と普及、進む研究の先に、大麻が持つ神秘の謎が解かれる日もそう遠くないかもしれません。

現時点では、あなたの直感に従い、製品選びをしてみてください。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

EU、THC最大値0.3%への引き上げを最終決定

欧州連合(EU)は27の加盟国が存在し、欧州共通の政策を決定するための欧州議会が存在します。 THC最大値0.2%をヘンプ(産業用大麻)と定義しこれまで認めてきましたが、2020年10月に欧州...

ランボルギーニがCBD業界に進出

「ランボルギーニ(Lamborghini)」は、イタリアの高級自動車、スポーツカーブランドとして有名ですが、ライフスタイルブランドとして紳士服、サングラス、スーツケースなどのブランド展開や...