エンドカンナビノイドシステムとは?

「このシステムが働いている限り、人間は健康で、病気にはならない。」と言い切る医者も現れるほどに、1990年初頭に発見されて以来注目され研究が進んでいる体内の仕組み「エンドカンナビノイドシステム」について詳しく解説していきます。

Endo Cannabinoid System

Endo:内因性 Cannabinoid:カンナビノイド

内因性:身体の中で自然に作られるという意味。

カンナビノイド:大麻草に含まれる化学物質の総称。THC(テトラヒドロカンビノール)、CBD(カンナビジオール)という現在最も知られているものを始め、CBN、CBG、CBC、CBDA、THCA、THCVなど100を超える異なる成分が大麻には含まれています。

「エンドカンナビノイドシステム」を直訳すると、「身体の中で自然に作られる大麻物質の仕組み」

実は、私たち人間の身体には、不思議ですが、大麻を摂取していなくても自然に大麻と類似した成分を作り出す仕組みがあるのです。

エンドカンナビノイドシステムとホメオスタシス

エンドカンナビノイドシステムを理解するためには、まずホメオスタシス(恒常性維持)を知る必要があります。

ホメオスタシスとは、身体を適切に一定の状態に保とうとする働きのことです。体温は高いか、低いか、それともちょうど良いのか?ホルモンの状態は適切か?心臓の鼓動は速すぎないか?休息は必要か?血液や細胞の中に何か溜まっていないか?と、体内の機能を継続的にモニターし続け、適切な範囲を外れていると体はECSを作動させて体内の働きを修正します。

エンドカンナビノイドシステムが注目される理由は、これほどまでに多様な仕事を体内で行っているからです。

エンドカンナビノイドシステムとは、

体内の不具合を感知し、 健康で適切な状態に保つ仕組み

エンドカンナビノイドシステムの3つの要素

3つの要素でエンドカンナビノイドシステムは構成されています。

 

1. エンドカンナビノイド

これまでに2つの重要なエンドカンナビノイドが特定されています。

・アナンダミド

・2-AG(2-アラキドノイルグリセロール)

これらの物質は、体内の機能を適切に保つ働きがあります。必要に応じて体内で生成されるため、それぞれの標準的な量を知ることは困難です。

 

2. カンナビノイド受容体

エンドカンナビノイドやカンナビノイドが結合する、カンナビノイド受容体。受容体は、人体のほぼすべての細胞と組織に存在しているため、この働きは人体に大きな影響を与えています。主要なカンナビノイド受容体は2種類あり、エンドカンナビノイドやカンナビノイドはどちらの受容体にも結合することができます。

・CB1:中枢神経系(脳と脊髄の神経)に存在する

・CB2:末梢神経系(四肢の神経)、消化器系、免疫系の細胞に存在する

 

3. 酵素

エンドカンナビノイドとカンナビノイドの分解を助ける酵素

・FAAH(脂肪酸アミド加水分解酵素):アナンダミンドを分解

・MGL(モノアシルグリセロールリパーゼ):2-AGを分解

 

これら3つの要素でエンドカンナビノイドシステムは働き、多くの重要な機能を調節しています。

・食欲
・消化
・免疫機能
・炎症
・気分

・睡眠
・生殖
・不妊
・運動制御
・体温調節

・記憶
・痛み
・代謝
・心臓
・筋肉の形成

・骨
・肝機能
・血管機能
・神経機能
・皮膚など

 

エンドカンナビノイドシステムの機能不全は、体内で様々な問題が起きる

通常の薬の場合、特定の病気や特定の箇所に対して処方がされますが、大麻が無限とも言えるほどに様々な病状を緩和してくれると多くの人が信じている理由が、大麻のカンナビノイドの力によってこのエンドカンナビノイドシステムの働きを改善するからです。

 

THCとエンドカンナビノイドシステム

テトラヒドロカンナビノール(THC)は、大麻に含まれる主要なカンナビノイドの1つ。

THCが体内に入ると、エンドカンナビノイドと同じように、カンナビノイド受容体に結合します。THCは、CB1とCB2の両方の受容体に結合することができます。

ただし、THCには精神活性作用があり、ハイになります。日本では現在禁じられています。THCとアナンダミドは似ていますが、アナンダミドはTHCのようにハイにはなりません。アナンダミドには心を落ち着かせる効果があります。アナンダミドの名前は、サンスクリット語で至福を意味するanandaに由来しています。

アナンダミドがハイにならず、THCがハイになる理由は、「FAAH酵素」の働きです。FAAHは、アナンダミドを分解します。しかし、THCを分解することはできません。そのため、THCはハイになる作用はありますが、より長く体内に滞在し、より大きな効果を発揮します。

 

CBDとエンドカンナビノイドシステム

現在日本においても注目されているのがカンナビジオール(CBD)です。CBDは精神活性作用を持たないため、THCのようにハイになることなく効果を得ることができます。

CBDは、THCのようにCB1やCB2のカンナビノイド受容体に結合はしませんが、エンドカンナビノイドが分解されることを防ぐ働きがあると考えられています。これにより、エンドカンナビノイドが体内でより多くの効果を発揮することができます。また、CBDはまだ発見されていない受容体に結合しているという説もあります。

 

ASA MAGAZINEからのメッセージ

エンドカンナビノイドシステムも大麻の効能の詳細も日々研究は進んでいますが、世界でも始まったばかりの分野であり、日本においてはまだ始まっていないと言っても良いほどです。今後の研究成果や日本国内での使用解禁を期待しています。しかし、日本においては規制が存在し、大麻取締法を犯す事を「扇動・教唆・示唆・ほう助」する目的は私たちにありません。責任ある行動をお願いします。

“There were never so many able, active minds at work on the problems of disease as now, and all their discoveries are tending toward the simple truth that you can’t improve on nature.”

Thomas Edison

「今ほど多くの有能で活発な頭脳が病気の問題に取り組んでいたことはなかった。そして彼らの発見はすべて、自然を改良することはできないという単純な真実に向かっている」

トーマス・エジソンが1902年に残した言葉

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

大麻の税収はアルコールの税収を超える

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を...

WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了

東南アジア原産のコーヒー科の植物である「クラトム(Kratom)(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)」について、解禁派・規制派で論争が起こっていました。 処方箋オピオイドに代...

麻布学園と大麻

全国に数多くある私立中高一貫校の中で、戦後の中高一貫校1期生から70年以上連続で東大合格者数トップ10から一度ももれたことのない学校が1校だけ存在します。 それは、東京都港区に位置する超進...