CB1受容体とは?

CB1 (Cannabinoid – 1)Receptor

カンナビノイド受容体 1型

CB1受容体は、体内のエンドカンナビノイドシステム(ECS)という大切な役割に関わるカンナビノイド受容体の一つ。

カンナビノイド受容体は、CB1受容体とCB2受容体の2つが存在しています。

 

CB1受容体とは?

人体には、ホメオスタシス(恒常性維持)という身体を適切に一定の状態に保とうとする働きがあります。

体温は高いか低いか、ホルモンの状態は適切か?心臓の鼓動は速すぎないか?休息は必要か?血液や細胞の中に何か溜まっていないか?と体内の機能を継続的にモニターし続け、適切な範囲を外れていると体はエンドカンナビノイドシステムを作動させて体内の働きを修正します。

「カンナビノイドとカンナビノイド受容体無しで人間の健康はありません」

CB1受容体は、エンドカンナビノイドシステムの一部です。

CB1受容体は、脳のすべての領域、すべての種類のニューロンに存在しています。

 

CB1受容体の役割

CB1受容体は、中枢神経系(脳と脊髄の神経)に多く存在し、CB1受容体の活性や抑制は神経細胞のシグナル伝達、感覚、痛み、記憶、気分、睡眠や食欲の調節などに作用します。

 

CB1受容体と結合する代表的なカンナビノイド

大麻を摂取しなくとも体内で生成されるアナンダミドと2-AGというカンナビノイドがCB1受容体と結合します。

また、大麻の主要成分であるTHCもCB1受容体と結合します。

アナンダミドもTHCも同じ箇所に結合し同様の働きをしますが、THCが結合した場合にはハイになります。体内にはアナンダミドを分解するFAAH酵素が存在しておりアナンダミドを分解しますが、THCを分解することはできないためです。THCは体内に長い時間滞在しより大きな効果を発揮します。

CBDは、直接結合はしないものの間接的に好影響を与えていると考えられています。

 

CNR1遺伝子とCB1受容体

CNR1遺伝子がCB1受容体を生成しています。この遺伝子という名の設計図が人それぞれ異なっていることがカンナビノイドの効能が人によって異なる理由の一つと考えられています。

また、THCを含む大麻を繰り返し使用しCB1受容体の活性化が何度も繰り返されると、CB1受容体の発現量が減少します。これが大麻を頻繁に使用していると効果を感じにくくなる、耐性です。

ただし、短期間でも大麻を断つとCB1受容体の発現システムがリセットされ、大麻を使用していない人と同等の状態に戻ります。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

ドイツ国民の61%が嗜好用大麻の合法化を支持

世界第4位の経済大国であり、国際的な産業の拠点でもあり、陸続きのヨーロッパに位置しているドイツ。 現在ドイツでは、ドイツ社会民主党(SPD)、自由民主党(FDP)、緑の党(B90/Grünen...