THC-O

THC-Oとは?

あまり認知が進んでいないカンナビノイドですが、THC-Oは大麻が合法になっていないアメリカの州において最近急速に人気が広がっています。

そんな話題のTHC-Oについて見ていきましょう。

 

THC-O(「THC oh」と発音する)が急速に広がっている理由は2つあります。

1、通常のTHC(デルタ9THC)の約3倍の効力がある

THC-Oは、その作用の強さから「サイケデリックなカンナビノイド」とも呼ばれています。

2、連邦政府はデルタ9THCを禁じているもののTHC-Oを取り締まる法律がない

デルタ9THCを禁じているものの、ハイを得たい需要は多い。

その中でCBDアイソレートをデルタ8THCに変換し販売する業者が現れました。

ヘンプ由来でデルタ8THCは作れ、マリファナのような厳しい認可もないことからもの凄い勢いで広がりを見せました。デルタ8THCを禁じる州が出始め、DEA(連邦麻薬取締局)はデルタ8THCを法律で禁じようと動きを見せています。そのため、THC-Oに現在脚光が集まっています。

 

THC-Oが生まれる工程

一般的にはCBDアイソレートからデルタ8THCに変換し、その後、デルタ8THCを変換させてTHC-Oを作り出します。

問題となる可能性があることから具体的な加工方法の言及は控えさせていただきます。

 

THC-Oの安全性

研究が進んでいないカンナビノイドのため、詳しいことはまだ分かっていません。

 

THC-Oの未来

今後の法改正で禁じられる可能性はあります。

通常のTHCやマリファナが禁じられているからこそ、合法成分を使って何とかTHCやマリファナに近づけようとする業者が現れその一部は危険な結果を生みます。

日本でも脱法ハーブ、危険ドラッグが流行った時期がありましたが、そもそも大麻を取り締まっていなければそのような危険はありません。

危険な事例が起こる前に連邦政府での大麻の解放、日本での法改正を行なってほしいと願っています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...