へそくり

へそくりの語源は大麻だった!?

へそくりとは

「主婦などが、他人に知られないように少しずつためたお金」のことで、内緒の存在という意味合いがあります。

へそくりの語源

へそくりの語源は「綜(へ)麻(そ)繰(く)り」である説が最も有力とされています。

「綜麻」とは、ぐるぐると巻きつけた麻糸のことで「綜麻を繰る」作業である内職を表しています。

女性が麻糸を繰り内職をして得たお金を「へそくり金」と呼び、その後省略して「へそくり」となったそうです。

この綜麻(へそ)という言葉は、日本最古の歴史書といわれる古事記にも出てくる言葉です。

綜麻

かあさんの歌

元々大麻を使用して各家庭で大麻布を作っており、第二次世界大戦後までその光景は日本の日常でした。

文化庁と日本PTA全国協議会が選定した日本の歌百選に選ばれている「かあさんの歌」の2番の歌詞では、「かあさんは 麻糸つむぐ 一日つむぐ」と歌われています。

いかに日本で大麻が日常的だったかをこの歌詞が表しています。

へそくりのもう一つの語源

お腹にある「臍(へそ)」からきている「臍繰り」という説もあります。

お金や大切なものを腹巻で巻いて無くなさないようにし、「臍から繰り出すお金」から「へそくり」になったという説です。

現在の日本は1948年に制定された大麻取締法があり、大麻の所持は違法です。

大麻もへそくりも、見つからないようにしましょう😆

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...