へそくり

へそくりの語源は大麻だった!?

へそくりとは

「主婦などが、他人に知られないように少しずつためたお金」のことで、内緒の存在という意味合いがあります。

へそくりの語源

へそくりの語源は「綜(へ)麻(そ)繰(く)り」である説が最も有力とされています。

「綜麻」とは、ぐるぐると巻きつけた麻糸のことで「綜麻を繰る」作業である内職を表しています。

女性が麻糸を繰り内職をして得たお金を「へそくり金」と呼び、その後省略して「へそくり」となったそうです。

この綜麻(へそ)という言葉は、日本最古の歴史書といわれる古事記にも出てくる言葉です。

綜麻

かあさんの歌

元々大麻を使用して各家庭で大麻布を作っており、第二次世界大戦後までその光景は日本の日常でした。

文化庁と日本PTA全国協議会が選定した日本の歌百選に選ばれている「かあさんの歌」の2番の歌詞では、「かあさんは 麻糸つむぐ 一日つむぐ」と歌われています。

いかに日本で大麻が日常的だったかをこの歌詞が表しています。

へそくりのもう一つの語源

お腹にある「臍(へそ)」からきている「臍繰り」という説もあります。

お金や大切なものを腹巻で巻いて無くなさないようにし、「臍から繰り出すお金」から「へそくり」になったという説です。

現在の日本は1948年に制定された大麻取締法があり、大麻の所持は違法です。

大麻もへそくりも、見つからないようにしましょう😆

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...