バドテンダーとは?

バドテンダーとは?

Budtender

バドテンダーとは?

大麻製品の効果や効能、体験について消費者を正しく導く責任ある仕事をするディスペンサリーで働くスタッフのことです。

顧客や患者の症状や求める目的、経験レベルに合わせて大麻製品を提供しています。

バドテンダーとは?

大麻製品の効果や効能、体験について消費者を正しく導く責任ある仕事をするディスペンサリーで働くスタッフのことです。

顧客や患者の症状や求める目的、経験レベルに合わせて大麻製品を提供しています。

バドテンダーの名前の由来

大麻の花である「バッズ(buds)」と「バーテンダー(bartender)」を掛け合わせた言葉です。

ディスペンサリーでのバドテンダーの役割が、バーでのバーテンダーの役割に似ていることからこの言葉が生まれました。

 

バドテンダーの仕事内容例

・ディスペンサリーの顔として、お客様をお迎え

・様々な大麻製品を顧客に伝え販売を促進

・大麻を摂取する際の適切な安全対策をアドバイス

・適切な情報を提供するために新製品、法律の変更などを把握

 

バドテンダーの資格

現在までのところ、行政や業界全体で認められているバドテンダーの資格制度はありません。

民間企業が独自で発行している認定資格コースは様々あります。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...