ディスペンサリーとは?

ディスペンサリーとは?

Dispensary

ディスペンサリーとは

医療用大麻や嗜好用大麻を合法的に販売する大麻販売店のこと。

医療用大麻や嗜好用大麻を違法としている日本ではCBD専門店のことをディスペンサリーと呼ぶこともあります。

 

ディスペンサリーで販売されているもの

ディスペンサリーでは、乾燥大麻の花、ベイプ、濃縮液、大麻食品、大麻飲料など幅広い種類の大麻製品が販売されていますが販売可能な製品は地域によって異なります。

以前までは大麻を買おうと思ったら街のどこかで売人と待ち合わせて購入したり、インターネットやSNS経由で注文するなど、犯罪に巻き込まれる可能性や詐欺に合うことも多くありました。

しかし、合法化されたことでイメージは一変。オシャレな店舗で豊富な知識を持つスタッフと話しながら様々な製品から自分に合った製品を選ぶことが可能です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...