420とは?

420(フォートゥエンティー(four-twenty))は、マリファナやカンナビスと並び、大麻のことを表す言葉です。

 

4/20はマリファナデー

毎年4月20日には、大人数が集まりマリファナを使用し祝うフェス、パーティーが各地で行われます。

合法化前の地域では、大麻の自由化や合法化を主張する政治的な性質を持ち「半分はお祭り、半分は行動への呼びかけ」であることも多いです。

4月20日の午後4時20分は最高潮に盛り上がります。

 

420の歴史

“大麻”のことをなぜ”420″と言い始めたのかに関しては数多くの説があり、何が正しいかは分かっていません。ここでは一番有力だと言われている説を紹介します。

 

ウォルドス説

ラリー・スローマン著「リーファー・マッドネス – マリファナの歴史」によると、1971年カリフォルニア州サンフランシスコ郊外の街サンラファエルに5人の高校生”The Waldos “というグループがいました。(デイブ・レディックス、スティーブ・キャッパー、マーク・グラヴィッチ、ジェフ・ノエル、ラリー・シュワルツの5人)

彼らは、沿岸警備隊の隊員が近くで放置している大麻を知っていたそうで、放課後に少なくとも週に1度は探しに行っていたのです。

高校生にとって4時20分という時間は、ちょうど良い時間でした。ルイ・パスツール(Louis Pasteur)の銅像に4時20分集合というのが定番となり、「4:20 – Louis」と呼び始め、いつしか大麻のことを「420」というコードネームで呼び始めました。

 

グレイトフル・デッドと420

“The Waldos “の5人のうちの1人のデイブ・レディックスの兄パトリックは、グレイトフル・デッドのベーシストで大麻愛好家のフィル・レッシュと親友でした。そして、同じくサンラファエルに住んで演奏していたグレイトフル・デッドと一緒に大麻を使用していたそうです。グレイトフル・デッドは、大麻愛好家の間で有名なバンドで、大麻のコードネーム420を広めるのに貢献したと言われています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。

ハワイ州議員、嗜好用大麻合法化法案を提出

ハワイ州では、2022年11月の選挙で大麻反対派のデビッド・イゲ氏に代わり、大麻改革派のジョシュ・グリーン氏が州知事に就任。このような追い風の中、以前から嗜好用大麻の合法化に向け活動し...