エディブルとは?

「エディブル(edible)」とは、「食べられる」という意味があり

大麻では、THCやCBDなどカンナビノイドを含む食品のことです。

エディブルは口から摂取し、胃や肝臓で処理されるため、効果が出始めるまでは時間がかかりますが吸うよりも効果を長く感じる事ができます。煙を吐く必要もないので、目立たずに摂取が可能です。煙の匂いが気になる方にもおすすめです。

 

エディブルの作り方

エディブルは、クッキーやブラウニーなどの焼き菓子、グミなど、様々な形で販売されています。

THCやCBDは脂溶性で、体内で処理するためには脂肪と結合する必要があります。そのため、バターやオイルを使って作ることが一般的です。

 

エディブルの安全面

大麻食品の安全面の懸念は、摂取した大麻成分の効果が遅れて現れることによる過剰消費です。

初めて大麻食品を摂取する場合は、効果をすぐに感じないからと食欲に任せてより多く食べるのではなく、少しづつ増やしていきましょう。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

ドイツ国民の61%が嗜好用大麻の合法化を支持

世界第4位の経済大国であり、国際的な産業の拠点でもあり、陸続きのヨーロッパに位置しているドイツ。 現在ドイツでは、ドイツ社会民主党(SPD)、自由民主党(FDP)、緑の党(B90/Grünen...