THC20,000mg・重量385キロの世界最大の大麻ブラウニーを公開

THC20,000mg・重量385キロの世界最大の大麻ブラウニーを公開

/

米国の大麻企業マリメッド(MariMed)社が「Bubby’s Baked」というブランド名の大麻ブラウニーを発表し、ホリデーシーズンに友人と一緒に楽しむのにぴったりとプレスリリースで伝えています。

そして、12月8日のブラウニーの日(National Brownie Day)を記念して、世界最大の大麻ブラウニーを公開しました。

今までのギネス記録の世界最大のブラウニーは約250ポンド(113キログラム)でしたが、今回製作した大麻ブラウニーは850ポンド(385キログラム)という大きさです。

THCは、20,000mg含有しています。

1人100mgのTHCの計算でも、同時に200人でハイになることができます。

マリメッド社によると、残念ながらギネスブックは現時点で大麻のエントリーや掲載を受け付けていないようです。

 

About MariMed

米国の複数州での大麻事業者マリメッド社は、カンナビノイドと大麻製品によって人々の健康と幸福を向上させることを目的として、大麻の種子から販売までを一貫して行う大麻施設を開発、所有、管理しています。経験豊富な経営陣によって成長と成功をもたらし、大麻の科学と革新の最前線に立ち続けています。ブランドは、Betty’s Eddies™、Nature’s Heritage™、Bubby’s Baked™、Kalm Fusion®など。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...