大麻食品(エディブル)

アラスカ州、大麻食品のTHC含有可能量を2倍に引き上げ

/

米国アラスカ州では2016年に嗜好用大麻の販売許可をしていますが、大麻のエディブル(食品)に含有可能なTHCの量を1食あたり5mg、1パッケージあたり50mgの制限を行なっています。

規制の変更により、9月1日から現在の規制の2倍の含有可能量に変更し1食あたりTHC10mg、1パッケージあたりTHC100mgまでとなります。この変更によって他の州が規制に採用している数値と同じになります。

また、新たな規制では大麻のエディブルのTHC含有量を検査機関で検査することが義務付けられており、変動幅は製品のラベルに記載された含有量の20%以下に設定されています。

 

製造する際に大麻食品の効力を今後2倍にすることができますが、大麻以外の材料、人件費、包装費、検査費用などが2倍になる訳ではありません。そのため、アラスカ州においてエディブルでハイを求める方々は今後今までよりも安く、求めるハイを得られるでしょう。

大麻の食品分野はクッキーやブラウニー、チョコレート、ケーキ、グミ、キャンディー、アイスクリーム、飲料を始め様々な新商品が展開され進化し続けているカテゴリーです。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...