大麻の脱炭酸プロセスとは?

大麻の薬効を得るためには脱炭酸という工程は不可欠です。

脱炭酸によるカンナビノイドの変化、脱炭酸を行う理由などをご紹介していきます。

 

脱炭酸とは

脱炭酸とは、大麻を加熱することです。

この工程により、カンナビノイドは活性化状態になり、作用が発揮されます。

 

脱炭酸の科学

大麻を脱炭酸することによって、カンナビノイドが活性化するとは?

脱炭酸前のカンナビノイドは、酸性化合物として存在しています。例えば、「THCは、THCA」「CBDはCBDA」「CBGはCBGA」として、始めは存在しています。

脱炭酸によってAcid(酸)が除去されTHCやCBD、CBGになり、作用は大きく変わります。例えばTHCは、THCAの状態では精神活性作用はなくハイになることはありません。

 

大麻を脱炭酸する理由

例えば、喫煙する時に加熱をして吸うのであれば事前に脱炭酸することは何の意味があるのでしょうか?

喫煙やベイプ

喫煙やベイプは、カンナビノイドを活性化させる方法と摂取する方法が一体となった摂取方法です。多くの人はこの工程について気にしていませんが、中には吸う前に脱炭酸することでより強力な効果が得られると主張する人もいます。

大麻を使った食品

大麻や大麻成分を混ぜることで薬効を得る食品にするという考えです。しかし、クッキーを焼いたり、ブラウニーを焼いたりする際に単純に混ぜるだけでは均一に理想的な脱炭酸は非常に難しくなります。そのため、事前に計算をして大麻を脱炭酸することが理想的と主張する人もいます。

 

適切な加熱温度と時間

何℃で何分の加熱が理想なのか?

温度については、カンナビノイドによって異なります。例えば、THCはCBDよりも低い温度で脱炭酸します。

カンナビノイドだけではなく、味や香りを左右するテルペン類も熱によって変化があるため、何を得たいかによって正解は異なります。

コーヒーでは、コーヒーに浅煎り、深煎りなど好みがあったり、豆によってどのような焼き加減が自分に合うのかを考え、こだわる消費者は選択するようになりました。

大麻でも各ブランドが大麻の品種や産地によって、どういった熱加減が適切なのか、この熱ポイントで行っているからこそ、この効能や味や香りがありますなど将来的には差別化が始まるかもしれません。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...