vapeペンとは?

Vapeペンとは?

Vape pen

vape(ベイプ)ペンとは

大麻の濃縮液を入れたカートリッジによって吸うことのできる携帯型のデバイスです。

vapeペンでは、濃縮液を加熱します。すると、煙ではなく蒸気が出ます。

煙が出ないこと、携帯に便利なことから喫煙よりもベイプを好むユーザーも多くいます。

 

ベイプの歴史

ベイプには長い歴史があります。

古代エジプトでは熱い石を使ってハーブを加熱し、その蒸気を吸っていました。

インドでは数千年前からシーシャがあります。

 

ベイプペンのメリット

持ち運びが楽

カートリッジが小さく、持ち運びにとても便利です。何種類も同時に持ち歩くことも可能で交換も簡単に行えます。

また、水蒸気の匂いは大麻を燃やしたときの匂いよりもはるかに少ないため周囲の人に気付かれずにベイプすることができます。

カートリッジは使い捨てなので粘着性のある樹脂を掃除する必要はなく、水蒸気しか出ないので、煙も灰もありません。

有害性が低い

大麻を燃焼させ吸い込んだ場合、煙には多くの有害物質が含まれておりその中にはがんの原因となるものもあるそうです。

ベイプの場合は、このような有害物質にさらされることはありません。

ベイプは新しい発明であり長期的なことは分かりませんが、2010年に行われた研究では毎日大麻を吸っていて肺に持病のある20人を対象に1カ月間ベイプを使用してもらったところ肺の健康状態が改善したことがわかりました。

 

ベイプペンのデメリット

大麻に火をつけて吸うよりもベイプを選んだ方が、価格が高い、種類が少ない、添加剤による健康被害の可能性があるなどのデメリットもあります。

 

ベイプペンの構造

大きく分けて4つのパーツがあります。

カートリッジ

気化させる大麻オイルを入れる容器

アトマイザー

大麻オイルを気化させるための発熱体

バッテリー

充電式の電池でベイプペンに電力を供給し大麻を加熱します。手動でボタンを押すと作動するものもあれば、吸い込むだけで作動するものもあります。

充電式バッテリーには、USB充電器が付属していることが多い。使い捨てのペンには、あらかじめ充電されたバッテリーが付いています。

マウスピース

蒸気を吸い込むための部分

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

ノーマライゼーションとは?

「ノーマライゼーション(標準化)」とは福祉用語の1つであり、障がいや病気のある人でも健康な人と同様に生活を営むことを当然とする考え方や、それを目指した施策のことを指します。 例えば「...

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...