weedとは?

weed(ウィード)とは、大麻の呼び方の一つ。

ウィードは、一般的に英語圏の人であれば皆が知る言葉です。

 

weedの歴史

1920年代、ウィードはマリファナのジョイントのことを指していましたが、時代と共に言葉の定義が変わり1990年代半ばには、大麻そのものを指すようになりました。

新世代の90年代の大麻愛好家たちは、自分たちの大麻を「grass」、「dope」、「reefer」、「pot」といった昔からの大麻用語と区別するために、独自の用語を新たに生み出しました。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...