グリーンウェンズデーとは?

グリーンウェンズデー(Green Wednesday)とは、アメリカにおいて感謝祭(サンクスギビング)前日の水曜日のことです。

大麻文化として、4/20に次いで盛り上がりを見せる1日となります。

2021年は、11月24日がグリーンウェンズデーです。

この日は、大麻ショッピングデーとして、多くの企業が大規模なセールを行ったり、新製品を発売開始したりしています。医療用や嗜好用の大麻の合法化する州が増えるにつれて、年々この日1日の売上や盛り上がりは上昇しています。

 

ブラックフライデーとサイバーマンデー

アメリカにおいて、11月の第4木曜日は感謝祭(サンクスギビング)

この日は、家族で集まり、七面鳥やパンプキンパイなどの料理を食べたり、アメリカンフットボールを見るのが定番です。

そして、感謝祭翌日の金曜日には、多くのお店が一年で最大のセールを大々的に行います。この日を「ブラックフライデー」と呼びます。

11月の第4木曜日の次の月曜日は、ネットショップがセールをする「サイバーマンデー」と呼ばれています。

ブラックフライデーやサイバーマンデーは、アメリカのような盛り上がりや規模ではないですが、日本でも行う企業が増え始めています。

グリーンウェンズデーも日本での開催ブランドが増え始めたらお得に麻商品が買えるようになるかも!?

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

ラオス、医療用大麻の生産と流通を承認

ラオス保健省が医療用大麻の生産と流通を承認し、ラオスにおいての医療用大麻の規制や認可基準などを発表しました。 栽培を行う場合は、保健省の認可を得てガイドラインに沿って施設を建設する...

ギリシャ初の医療用大麻生産施設が完成

ギリシャ初の医療用大麻生産施設が完成し、1月26日に公開されました。 場所は、首都であり最大都市のアテネから西南約78kmに位置するコリントス。 イスラエルに本社を置く医療用大麻企業「Ti...