世界の大麻合法化状況

大麻は世界中の様々な国で、太古の昔から20世紀初頭まで、人類の歴史のほとんどの期間で、合法的に使用されていましたが、突如として世界のほとんどで違法となりました。

その流れが、確実に現在変わりつつあり、多くの国や地域が医療用大麻の使用や販売を合法化しています。また、いくつかの国や地域では、娯楽用の嗜好用大麻を合法や非犯罪化にしています。

これにより、グリーンラッシュで利益を得るために大麻産業に多くの投資家、経営者が参入してきました。また、住む場所を変える熱心な愛好家もいるほどです。

現在、大麻はどこでどのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?

以下に現在の状況をまとめております。

※大麻に関する法律は日々刻々と変化しており、記事の反映が間に合っておらず最新の情報ではない場合がございますのでご了承ください。

以下の国は、記事準備中です。

医療合法(ガン患者のみ)

医療合法(THC含有量0.3%未満のもの)

医療合法(試験的に)

嗜好用・医療共に合法

Recent Articles

ハワイ州議員、嗜好用大麻合法化法案を提出

ハワイ州では、2022年11月の選挙で大麻反対派のデビッド・イゲ氏に代わり、大麻改革派のジョシュ・グリーン氏が州知事に就任。このような追い風の中、以前から嗜好用大麻の合法化に向け活動し...