「アイルランド」現在の大麻の合法化状況

「アイルランド」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

違法

医療用大麻

試験的に合法

嗜好用大麻における規定

嗜好目的での大麻の所持、栽培、輸出、生産、供給などは全て違法。ただし、少量の所持に関しては警察(Garda)がある程度の裁量権を持っています。

アイルランドでは2023年4月〜10月にかけて、政府から無作為に選ばれた99名の市民で構成された「薬物に関する市民会議(Citizens’ Assembly on drugs)」が開かれ、違法薬物による健康被害を減少させるための薬物政策について検討が行われました。

2024年1月に公開された最終報告書では、刑罰による薬物政策から脱却し、薬物の非犯罪化による公衆衛生を中心としたアプローチが提案されています。政府がこれを採用すれば、今後アイルランドでは大麻を含む少量の薬物所持が非犯罪化される可能性があります。

なお、アイルランド議会は2024年10月頃、嗜好用大麻合法化法案の採決を行う予定です

医療用大麻における規定

2014年、多発性硬化症に対する大麻由来医薬品「サティベックス」の処方を承認。

2019年6月、医療用大麻アクセスプログラムの試験運用を開始(5年間の予定)。

◯所持・使用等

医療用大麻アクセスプログラムでは、専門的な訓練を受け保健大臣から免許を取得した医師が、特定の病状を有する患者に医療用大麻を処方することが可能。

使用できる医療用大麻製品は一部の医薬品(製剤化されたもの)に限られており、乾燥大麻、ベイプ、エディブルなどの製品は違法となります。

医療用大麻患者はプライマリーケア償還サービス(PCRS)に申請することで、特定の医療用大麻製品に限り費用の払い戻しを受けることが可能です。

2023年10月には、化学療法に伴う難治性の悪心・嘔吐に対するTHC:CBD=20:1の大麻オイル、多発性硬化症の痙縮に対するサティベックスの処方が保険適用として認められました

2023年11月、アイルランド初の医療用大麻クリニックが開業

保健大臣から認可を受けた企業は、医療用大麻製品の輸入や供給が可能です。

◯適応疾患

標準治療で効果が認められなかった場合、以下の病状において医療用大麻の処方が認められています。

多発性硬化症に伴う痙縮
化学療法に伴う難治性の悪心・嘔吐
重度の難治性てんかん

なお、アイルランドの国家機関「保健研究委員会(HRB)」は2024年1月、医療用大麻アクセスプログラムの見直しに役立てるため、医療用大麻の有効性と安全性を評価した包括的なレビューを報告

ここでは、医療用大麻が神経障害性疼痛に対し有望であることが見出されており、今後適応症が拡大される可能性があります。

産業用大麻における規定

保健省から認可を受けた事業者は繊維、食品、飼料などの用途のために、THC0.2%以下の産業用大麻(ヘンプ)の栽培・加工などが可能。

ヘンプから抽出された市販のCBD製品も合法です。

Garda「Is Cannabis legal?」https://www.garda.ie/en/crime/drugs/is-cannabis-legal-.html

Sensi Seeds「Cannabis in Ireland – Laws, Use, and History」https://sensiseeds.com/en/blog/countries/cannabis-in-ireland-laws-use-history/

Leafwell「Is Marijuana Legal in Ireland?」https://leafwell.com/blog/is-marijuana-legal-in-ireland

The Health Products Regulatory Authority(HPRA)「Medical Cannabis Access Programme」https://www.hpra.ie/homepage/controlled-substances/controlled-substances/medical-cannabis-access-programme

Oleo「Medical Cannabis Ireland: All About Medical Marijuana」https://www.oleo.ie/blog/medical-cannabis-ireland/

HSE.ie「Medical Cannabis Products Reimbursement Scheme」https://www2.hse.ie/services/schemes-allowances/medical-cannabis-products-reimbursement-scheme/

Teagasc | Agriculture and Food Development Authority「Industrial Hemp Production」https://www.teagasc.ie/rural-economy/rural-development/diversification/industrial-hemp-production/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...