コネチカット州旗

「コネチカット州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

合法

医療用大麻

合法

嗜好用大麻における規定

2021年6月22日、州知事が合法化法案(SB1201)に署名。
2021年7月1日より合法化。

◯所持・使用

21歳以上の成人は、1.5オンス(約42g)までの乾燥大麻、7.5gまでの濃縮大麻、750mg以下のTHCを含むその他の大麻製品の所持が可能。この範囲内であれば、成人同士で譲渡することも認められています。

自宅では鍵付きの容器に入れることで、5オンス(約141g)までの乾燥大麻、それに相当する濃縮大麻・その他の大麻製品の保管が可能。

市販の大麻製品にはTHC含有量に制限があり、乾燥大麻では30%以下、濃縮大麻(ベイプカートリッジを除く)では60%以下となっています。

公共の場での大麻の消費は禁止されています。

◯栽培

21歳以上の成人は、6株(成熟株:3株、未熟株:3株)までの大麻の自家栽培が可能

1世帯では12株まで栽培することができます。

◯販売

2023年1月10日より開始

販売開始当初、一度に購入できる大麻の量は乾燥大麻で0.25オンス(7g)まで(濃縮大麻・その他の大麻製品ではそれに相当する量)とされていましたが、2023年12月からは0.5オンス(約14g)にまで倍増されました

大麻の販売には州の物品税6.35%、市町村の物品税3%、THC含有量に応じた税金(約10〜15%)が課せられます。

◯その他

・嗜好用大麻合法化法案により、4オンス(約113g)以下の大麻所持による犯罪記録(2000年1月〜2015年9月15日の間のもの)は自動的に抹消されています。なお、2023年1月1日には「the Clean Slate Law」が施行され、約43,000件の大麻関連の前科が抹消されました

・雇用、教育、医療(臓器移植を含む)、住宅契約などにおいて、大麻使用者を差別することは禁止されています。

・大麻の税収は、社会的公平性を求める大麻事業者(大麻の犯罪化で不釣り合いな影響を受けた人や社会的立場の弱い人)への支援、薬物の予防・回復サービスなどに充てられます。

医療用大麻における規定

2012年、州知事が合法化法案(HB5389)に署名。この法案では、未成年による医療用大麻の使用が認められていませんでした。

2016年、州知事が法案「HB5450」に署名したことで、18歳未満の未成年も医療用大麻を使用できるようになりました。

◯所持・使用

資格のある患者または介護者は、月に5オンスまでの大麻の所持が可能。

◯栽培

資格のある患者または介護者は、6株(成熟株:3株、未熟株:3株)までの大麻の自家栽培が可能(2021年10月〜)。

◯販売

認可された小売店で、1度の取引につき5オンスまでの大麻製品を購入できます。購入時に税金は課せられません。

◯適応疾患

成人と未成年でそれぞれ適応症が決められています(未成年ではより限定的)。

<18歳以上の成人の場合>

筋萎縮性側索硬化症(ALS)
悪液質
がん
脳性麻痺
慢性疼痛
慢性膵炎
複合性局所疼痛症候群
クローン病
潰瘍性大腸炎
嚢胞性線維症
慢性疼痛を伴うエーラス・ダンロス症候群
てんかん
緑内障
HIV/AIDS
難治性頭痛を伴う水頭症
難治性頭痛症候群
MALS症候群(正中弓状靭帯圧迫症候群)
ハンチントン病
多発性硬化症
筋ジストロフィー
顔面神経痛
脊髄疾患に伴う神経障害性疼痛
骨形成不全症
パーキンソン病
帯状疱疹後の神経痛
慢性神経根症を伴う椎弓切除後症候群
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
重症乾癬及び乾癬性関節炎
重度の関節リウマチ
鎌状赤血球症
痙縮と脊髄損傷
線維筋痛症に伴う痙縮または神経障害性疼痛
終末期医療を必要とする末期疾患
トゥレット症候群
制御不能の発作性疾患
外陰部痛及び外陰部灼熱感
消耗性症候群
慢性膵炎(Legislative Regulation Review Committeeの承認が必要)
間質性膀胱炎
消費者保護局(DCP)が承認したその他の病状

<18歳未満の未成年の場合>

脳性麻痺
嚢胞性線維症
不可逆的な脊髄損傷で、神経学的に難治性の痙縮が認められるもの
重度のてんかん
終末期医療を必要とする末期疾患
制御不能な難治性発作性疾患
筋ジストロフィー
骨形成不全症
トゥレット症候群
標準的な医学的治療に反応しない難治性の神経障害性疼痛
慢性膵炎

CT.GOV-Connecticut’s Official State Website「Adult-Use Cannabis in Connecticut」https://portal.ct.gov/cannabis

NORML「Connecticut Laws and Penalties」https://norml.org/laws/connecticut-penalties/

NORML「Connecticut Legalization」https://norml.org/laws/legalization/connecticut-legalization/

NORML「Connecticut Medical Marijuana Law」https://norml.org/laws/medical-laws/connecticut-medical-marijuana-law

Marijuana Policy Project「Summary of Connecticut’s S.B. 1201 — An Act Concerning Responsible and Equitable Regulation of Adult-Use Cannabis」https://www.mpp.org/states/connecticut/summary-of-connecticuts-sb-1201-an-act-concerning-responsible-and-equitable-regulation-of-adult-use-cannabis/

Marijuana Policy Project「Summary of Connecticut’s Medical Marijuana Law」https://www.mpp.org/states/connecticut/summary-connecticuts-medical-marijuana-law/

My MMJ Doctor「What are Medical Marijuana Laws in Connecticut? (Updated Laws- 2024)」https://mymmjdoctor.com/connecticut-medical-marijuana-laws/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...