CBDAとは?

医療効果や健康、美容など様々な効果を持つCBDが注目を集めています。しかし、そのCBDはCBDAがなければ存在しません。

そんなCBDAについて、見ていきましょう。

 

CBDAとは

Cannabidiolic Acid(カンナビジオール酸)とも呼ばれる大麻の多種多様なカンナビノイドのうちの一つ。

CBDという有名なカンナビノイドがありますが、CBDAは、CBDの前駆体(その物質になる前の状態のこと)です。

 

CBDAは、どのようにしてCBDになるか

CBDAは、脱炭酸(加熱)することで、Acid(酸)が除去され、CBDAはCBDになります。

THCAは、脱炭酸前は多幸感や精神活性作用はなく、脱炭酸プロセスによって活性型に変化し体内に効能を与えます。

CBDも同じように脱炭酸プロセスによって活性型の CBDに変化し体内に効能を与えると考えられ、脱炭酸無しではカンナビノイドは役に立たないと考えられてきましたが、研究によって新たな事実が分かってきました。

 

CBDAの効果

うつ病
CBDは、うつ病の治療薬として期待されていますが、CBDAはCBDと同じカンナビノイド受容体(不安感や幸福感をコントロールする受容体)に作用するだけでなく、CBDの場合に必要とする量の10~100分の1の量で抗うつ剤として作用することを発見しました。

てんかん
CBD由来のてんかん治療薬エピディオレックス(Epidiolex)のメーカーであるGWファーマシューティカル社(G.W. Pharmaceuticals)は、CBDAのてんかんへの使用に関する特許を取得し、その可能性を研究しています。うつ病のCBDAと同様に、CBDAもCBDよりも低用量でてんかんに効く可能性があると考えています。また、CBDAはより早く効果を発揮し、CBDはより長く効果が持続することが分かり、この2つを併用することで最も効果的に作用するのではと考えられ研究が進められています。

吐き気
不安や幸福感をコントロールするカンナビノイド受容体が、吐き気や嘔吐にも影響を与えていることが分かっています。CBDAがこの受容体に作用して、不快な状態を落ち着かせます。吐き気や嘔吐を止める目的のためにはCBDよりもCBDAの方がより効果的であるという研究結果が出ています。

抗炎症作用
CBDAは、優れた抗炎症作用も持っています。炎症や痛みを引き起こす酵素であるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)を阻害する薬としてCBDAは期待されています。

乳がん
日本の北陸大学で行われた2012年の研究では、CBDAがどのようなメカニズムで効果を発揮するかについては、さらなる研究が必要ですが、CBDAが悪性の乳がんの成長を抑制する効果があることがわかりました。また、他の研究では、CBDAは乳がん細胞の転移を防ぐことができることが分かりました。

 

CBDAの摂取方法

脱炭酸プロセスを経ていない、生大麻や生大麻の抽出物を必要とします。

そのため、日本においては入手は難しい状態です。

将来、法改正を迎えて、新鮮な生大麻サラダにしたり、ジュースにしたり、料理に添えたりできる日が日本にも訪れることを願っています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

ノーマライゼーションとは?

「ノーマライゼーション(標準化)」とは福祉用語の1つであり、障がいや病気のある人でも健康な人と同様に生活を営むことを当然とする考え方や、それを目指した施策のことを指します。 例えば「...

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...