CBDとは?

CBDオイルやベイプ、サプリメント、グミなどの食品、飲料など昨今は日本でも少しづつ見かけるようになりました。

摂取しているCBDには、本当に健康効果があるのか?効果を最大限に生かすためには、働きを理解することが大切です。

 

CBDとは

Cannabidiol(カンナビジオール)とも呼ばれる大麻の多種多様なカンナビノイドのうちの一つ。

THCとCBDはカンナビノイドの中でも、二大巨頭と言えるほど多く含まれています。

 

カンナビノイドの働き

ホメオスタシス(恒常性維持)という働きが人体には備わっています。ホメオスタシスとは、身体を適切な一定の状態に保とうとする働きのことです。体内の異常を察知するとエンドカンナビノイドシステムが作動し、身体を適切な状態に戻す働きをします。カンナビノイドはエンドカンナビノイドシステムの働きに欠かすことのできないものであり、体内にカンナビノイドが存在していなかったら人間は健康な状態を維持することができません。

CBDの働き

多くのカンナビノイドは、カンナビノイド受容体CB1やCB2に作用しますが、CBDは直接カンナビノイド受容体とは結びつかずに間接的に作用をします。CBDには、THCの精神作用を打ち消してくれる役割があります。THCは、さまざまな病気や障害の治療に使われていますが、病気によっては多くのTHCを必要とし精神作用が強すぎて酩酊状態になってしまうことがあります。CBDが加わると、治療に邪魔なTHCの副作用が軽減され、CBDとTHCの比率が2:1になると、THCの精神作用は完全に消えることがわかっています。

また、CBDは精神作用を打ち消すだけにとどまらず、重度の小児てんかんの患者にCBDを投与すると発作を抑えられるなど、CBDの医療効果、健康効果も近年分かってきています。

 

CBDとアデノシン受容体

CBDは、脳内のアデノシン受容体との相互作用を持っています。アデノシン受容体は、不安に関係しており、受容体が正常に作動していない場合、不安や偏執的な感情が生まれます。CBDによって、アデノシン受容体が活性化し、正しく作動することにより、不安感が軽減されることが分かっています。

CBDとセロトニン受容体

研究によると、高濃度のCBDは、特定のセロトニン受容体を活性化します。このセロトニン受容体が活性化すると、抗うつ効果が得られます。

CBDとバニロイド受容体

バニロイド受容体は、痛覚と炎症を制御することが知られています。CBDはバニロイド受容体に作用し、受容体を活性化します。それによって受容体が活性化すると、痛みや炎症が軽減されることが分かっています。

CBDと脳の神経細胞の受容体との関係を見てきましたが、次はCBDの効果に注目してみましょう。

 

CBDの効果

様々な医療効果があるCBDですが、代表的なものは以下のとおりです。

抗炎症
CBDは、関節リウマチなどの症状に対する抗炎症剤として研究されています。この病気では体内の炎症反応が痛みや腫れの原因となりますが、CBDは免疫抑制作用と抗炎症作用を示し、病気の進行を止めました。

抗不安
CBDは抗不安薬としての利用も研究によって裏付けられています。研究者たちは、CBDがストレス誘発性潰瘍を減少させることを発見しました。人間を対象とした研究では、CBDは抗不安薬のジアゼパムと同じように不安を抑える働きをしました。

抗うつ
アナンダミドは、「至福の分子」とも呼ばれる、脳内に存在する天然の物質です。アナンダミドは、脳内のカンナビノイド受容体と結合し、気分を高揚させる作用があります。CBDは、脳内でのアナンダミドの分解を遅らせ、天然の抗うつ剤として働きます。

ガンとの闘い
これらに加えて、臨床研究では、CBDが少なくとも実験室内ではガンと闘う可能性が示されています。ある種のガンでは、CBDが細胞を殺し、成長を止め、新しい血管の発達を妨ぎました。ガンと闘っている人々のためにガン治療にどのように結びつくかは、さらなる研究が必要です。

 

CBDの効果が出やすい病気

CBDには、上記の薬効があり、さまざまな疾患の治療に用いることができます。

CBDで治療可能な4つの主要な疾患は、統合失調症やその他の精神病、てんかん性疾患、不安、うつ病です。

他にも、ガン、骨粗しょう症、糖尿病、強迫性障害(OCD)、パーキンソン病、慢性・神経因性疼痛など、CBDの治療に反応する可能性のある疾患があります。

これらの疾患の治療は、日本国内で科学的にはまだ深く追求されていません。しかし、今後の法改正や研究によって更なる真実が分かってくることでしょう。

 

CBDの体感

頭がスッキリするような感覚が得られたり、リラックス感や幸福感を感じられるという方が多いようです。

リラックスしやすく、眠気を呼ぶこともあるので、使用するタイミングは気をつけた方が良いでしょう。

 

CBDの副作用

科学的にCBDが100%安全と断言できませんが、多くの研究が安全性を示しています。

CBDは、食物摂取量、心拍数、体温、血圧に影響を与えないことが分かっています。CBDは、唾液腺に影響を与え、多少のドライマウスになることは分かっています。

CBDは、人間が服用するほとんどの薬物を代謝する酵素(CYP)を阻害します。薬を服用している方は、CBDを摂取する前に、医師に確認してください。

– 妊娠中/授乳中の女性について
現時点では、CBDが胎児や授乳中の乳児にリスクをもたらすかどうかの情報は十分ではありません。

 

CBDを使った医薬品

このような研究に基づいて、製薬会社はCBDのてんかん治療薬としての可能性に注目し、CBDの利点を分離して濃縮した形で利用することを目指しました。2018年6月、FDA(米国食品医薬品局)は、G.W. Pharmaceuticalsが製造するエピディオレックス(Epidiolex)を、てんかん障害を持つ2歳以上の子どもへの使用を承認しました。FDAは、この承認はエピディオレックスに対するものであり、CBD全般に対するものではないことを明記しました。

CBDは、多発性硬化症患者の筋痙攣や神経障害性疼痛、がん性疼痛などに効果があるとされる経口スプレーのサティベックス(Sativex)にも大きく関与しています。サティベックスは、THCとCBDが1:1で配合されており、この2つのカンナビノイドの組み合わせにより、多くの患者が症状を顕著に改善したと報告しています。また、経口スプレーによって投与量をより適切にコントロールできることも好評です。

 

一般的なCBDの摂取方法

CBDはどのように使用すれば良いのでしょうか?

その前に重要な概念「脱炭酸(加熱)」を理解しておくことが大切です。

生の状態の大麻には、CBDA(カンナビジオール酸)が含まれています。このCBDAを脱炭酸(加熱)処理すると、Acid(酸)が除去されCBDになります。

脱炭酸は、複雑な科学用語のように聞こるかもしれませんが、簡単に言えば、加熱することでカンナビノイドを活性化し体内に働きかけるようにするのです。

 

喫煙
人々は大麻に火をつけてその煙を吸い込むという、大麻を脱炭酸すると同時に摂取しやすい方法で大麻を消費してきました。煙を吸うことは健康上のリスクを伴う可能性がありますが、CBDを多く含むマリファナを吸うことは、CBDの利点と多くの効果を簡単かつ効果的に利用できる方法です。

気化させる
喫煙よりも健康的な方法で摂取したい医療ユーザーにとっては、気化式が優れた選択肢となります。伝導と対流の2つの方法でCBD原料を加熱します。伝導では、ワックスやオイルを加熱源に直接当てます。対流式では、CBD原料を熱風で包み込みます。いずれにしても、素材を加熱して蒸気を発生させ吸い込みます。きつい煙を発生させることはありません。

外用薬
外用薬はCBDの効果を得るもう一つの方法です。関節炎の痛みや炎症を抑えるには、CBDの局所投与が有効であるという研究結果が出ており、CBDが豊富に含まれたオイルやクリームを塗ると良いでしょう。

オイル
CBDオイルは、ここ数年で人気が高まっています。CBDオイルは、CBDの健康効果を濃縮して摂取する最も簡単な方法です。オイルの原料となる大麻によって、THCが含まれていたり、THCが全く含まれていなかったりします。

CBDオイルには経口摂取を目的としたものと、吸引を目的としたものがありますので、注意しましょう。

 

何が合うのか、どの量が合うのかは、自分自身の身体の声を聞きながら、少量ずつ試してみてください。何が自分に合っているかを知るには、それしか方法はありません。

 

日本国内での合法的なCBDについて

日本においては、大麻取締法が存在し、厳しく罰せられます。

現在日本では、大麻の茎と種子から抽出したTHCの含有していない大麻製品を認めています。

 

As you think, so shall you become.

Bruce Lee

人は、自分が考えた通りの人間になっていく。

– ブルース・リー

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

大麻の税収はアルコールの税収を超える

現在米国では18州が嗜好用大麻を合法化していますが、国際的な金融グループ「バークレイズ(Barclays)」のストラテジスト(投資戦略専門家)によると2020年に170億ドル(約1兆9,200億円)を...

WHOがクラトムの国際的禁止勧告を終了

東南アジア原産のコーヒー科の植物である「クラトム(Kratom)(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)」について、解禁派・規制派で論争が起こっていました。 処方箋オピオイドに代...

麻布学園と大麻

全国に数多くある私立中高一貫校の中で、戦後の中高一貫校1期生から70年以上連続で東大合格者数トップ10から一度ももれたことのない学校が1校だけ存在します。 それは、東京都港区に位置する超進...