米国モンタナ州、CBD販売禁止を撤回

米国モンタナ州、CBD販売禁止を撤回

/

2020年11月に嗜好用大麻の合法化を住民投票によって決定。2021年1月に法律が施行され、2022年1月からディスペンサリーでの販売が開始される米国モンタナ州。

モンタナ州の新たな大麻法案の「HB701」が、ディスペンサリーでのマリファナ由来製品の販売を認めているものの、CBDを含むヘンプ由来製品の販売を禁止していることが最近になって分かりモンタナ州のCBD事業者は対応に追われることとなりました。

しかし、モンタナ州は業界関係者や議員から大麻を推進してきた正義と経済発展の理念に反すると猛反発を受け、CBDの販売を禁止する規則を撤回することに決めました。現地時間11月18日にMONTANA FREE PRESSなどが報じています。

また、大麻関連に関わらず犯罪歴がある者が大麻産業で働くことを禁止するとしていた規則も合わせて廃止されます。

11月17日に開催されたモンタナ州の経済委員会で、歳入庁(DOR:Department of Revenue)の長官ブレンダン・ビーティー(Brendan Beatty)氏は、この2つの規則がモンタナ州の大麻改革の趣旨から外れていることを認め、「これまでにないほど多くの意見が寄せられました。パブリックコメントに耳を傾けるのは私たちの仕事です。」と述べました。

私たちの使命
大麻に関する誤って植え付けられた知識を正し、救われるべき人が救われる社会にする

━━━━━━━━━━

私たちのビジョン
日本国内で公共的な大麻メディアサイトとなる

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。ワクワクするスタートアップにシードからレイターまで投資ラウンド問わず投資したいため、起業家との出会い募集中。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。