マレーシア政府、医療目的での大麻とクラトムの栽培を許可へ

マレーシア政府、医療目的での大麻とクラトムの栽培を許可へ

/

死刑制度を用いるなど薬物の所持、使用、売買を厳しく禁じてきたマレーシア政府。

そんな東南アジアの国マレーシアにおいて、医療用途での大麻とクラトム(日本での省令名:ミトラガイナ・スペシオーサ)の栽培を内閣が許可。今後法改正へ向かうこととなりました。

マレーシア通信省のザヒディ・ザイヌル・アビディン(Zahidi Zainul Abidin)副大臣は、大麻とクラトムの医療目的での栽培と使用についてカイリー・ジャマルディン(Khairy Jamaluddin)保健大臣と話し合うと述べています。

ザヒディ氏は「特に医療に携わる人々にとって、とても良いことだと思います。しかし、いかなる承認も医療目的であり、嗜好目的ではない」と医療用途に限られていることを強調しています。

また、イスマイル・サブリ・ビン・ヤアコブ(Ismail Sabri bin Yaakob)首相も大麻の栽培に大きな可能性があると認めており、ザヒディ氏によれば世界で137億ドル(1兆7500億円)の価値があるといいます。

麻薬犯罪捜査局のアヨブ・カーン・マイディン・ピチャイ(Ayob Khan Mydin Pitchay)局長は記者会見で、政府の決定に従うと述べています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...