アナンダミドとは?

Anandamide(アナンダミド)とは、人間の体内で自然に生成されるカンナビノイドのこと。

人体にはエンドカンビノイドシステム(ECS)という働きがあり、この体内システムにアナンダミドを含めカンナビノイドが存在していることで人間は健康でいることができます。

アナンダミドの名前の由来は、サンスクリット語の「アナンダ」という「喜び」を意味する言葉が語源となっています。

1992年にヘブライ大学のラファエル・メシューラム(Raphael Mechoulam)博士の研究室で分離・構造決定が行われ命名されました。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

ドイツ国民の61%が嗜好用大麻の合法化を支持

世界第4位の経済大国であり、国際的な産業の拠点でもあり、陸続きのヨーロッパに位置しているドイツ。 現在ドイツでは、ドイツ社会民主党(SPD)、自由民主党(FDP)、緑の党(B90/Grünen...