マレーシア国旗

「マレーシア」現在の大麻の合法化状況

嗜好用大麻

違法

医療用大麻

合法

マレーシアの嗜好用大麻の法律

マレーシアの嗜好用大麻の法律は非常に厳しく、販売目的とみなされた場合は死刑となります。

200グラムの大麻を所持し逮捕された場合、販売目的とみなされます。

50グラム以下の所持で逮捕された場合は、10年以下の懲役刑が科せられます。

 

マレーシアの医療用大麻の法律

2021年11月、保健省のカイリー・ジャマルディン(Khairy Jamaluddin)大臣が医療目的で大麻を含む製品を輸入・使用することは、法律に準拠している限り認められていると述べました。

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...