フランス国旗

「フランス」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

非犯罪化

医療用大麻

違法(一部認可を出し、研究プログラムを実行中)

フランスのナポレオン率いる軍隊が1798年にエジプトに侵攻した際、エジプトはイスラム教国でありアルコールは入手できず代わりにハシシを試し、ハマってしまいました。政府は軍隊に対し1800年にハシシの使用を禁止しましたが、軍隊は無視。 その後、エジプトのカフェではハシシが禁止され、ハシシを販売していたカフェは閉鎖され経営者は投獄されるなどしていました。1800年代にはパリにはハシシクラブがあり、メンバーには著名人が名を連ねていたなど大麻は歴史を作ってきた植物です。

現在では違法ながらも、フランスの薬物の違法市場では大麻は最も人気があります。

 

フランスの嗜好用大麻の法律

フランスでは、嗜好用大麻は禁止されています。

2020年9月フランス政府は大麻の個人使用に関しては、逮捕ではなく200ユーロの罰金の措置を導入しました。

 

フランスの医療用大麻の法律

フランスでは原則禁止されていますが、一部例外的に医療目的の研究を認めています。

フランス医薬品安全庁が認可を出した場合には、薬の効果や副作用、対象となる人々のデータを取得、評価するために、臨床研究をすることができます。

また、THCを含む医薬品は医師による処方箋が必要となりますが、他のすべての医薬品の効果が認められない場合に限ります。大麻由来の医薬品は麻薬とみなされており処方の手続きは厳格なものとなっています。

 

フランスの産業用大麻の法律

制限の範囲内であれば合法です。

・認可された大麻の品種を使用すること。
・種子と茎のみを使用すること。(花などの使用は禁止)
・植物(最終製品ではない)のTHC含有量が0.2%未満であること。

フランスには、CBDに関する特別な規制はありません。CBD製品は、一般的なフランス国内の規制に準拠していれば合法です。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...