テキサス州旗

「テキサス州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

違法(一部地域で非犯罪化)

医療用大麻

低THC製品のみ合法

嗜好用大麻における規定

嗜好用大麻の所持、栽培、販売、輸送などは全て違法。

2オンス(約57g)以下の大麻の所持は軽犯罪で、最大180日以下の懲役と最大2,000ドルの罰金刑。

4オンス(約113g)を超える所持では重犯罪となり、180日〜2年の懲役と最大1万ドルの罰金が課せられます。

大麻の販売や譲渡に関しては7gまでは軽犯罪であり、それを超える量では重犯罪となります。

一方で、ヒューストン、オースティン、キリーン、エルジン、サンマルコスなど、一部の地域では大麻の所持が非犯罪化されています。

医療用大麻における規定

2015年、テキサス州コンパッショネート・ユース法(Texas’s Compassionate Use Act)が可決されたことで、難治性てんかん患者において、低用量のTHCを含む大麻製品の使用が合法化。

2019年と2021年にはさらなる法改正が行われ、適応疾患がさらに拡大。

◯所持・使用

特定の病状を有する患者は、THC1.0%以下の大麻製品の所持・使用が可能。大麻製品はオイルなど飲み込むタイプのものに限られ、喫煙は認められていません。

低THCの大麻製品を入手するには、テキサス州公安局に登録された医師による処方箋が必要。登録カードを取得する必要はありませんが、代わりに処方データが公安局のオンラインレジストリ(CURT:Compassionate Use Registry of Texas)に登録されます。

2023年4月時点で、低THCの大麻製品を処方できる医師は700名を超えており、利用患者数も5万人以上。しかし、低THCの大麻製品を調剤・販売できる薬局は州内でわずかとなっています(2023年3月に認可された州内3つ目の薬局がオープン)。

◯適応疾患

・てんかん
・発作性疾患
・多発性硬化症
・痙縮、筋けいれん
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)
・自閉症スペクトラム症(ASD)
・末期がん
・神経難病

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...