ノースダコタ州旗

「ノースダコタ州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

違法(0.5オンスまでの所持を非犯罪化)

医療用大麻

合法

ノースダコタ州の嗜好用大麻の法律

0.5オンス(約14グラム)以下の所持の初犯であれば、2019年に非犯罪化されており刑務所に入ることはありません。しかし、1,000ドルの罰金が科せられます。

1オンス未満の所持で有罪判決を受けた初犯者は、裁判所に記録の封印を申し立てることができる。これにより、身元調査が阻止され、違反歴を記載する必要がなくなります。過去にマリファナやマリファナ道具の所持で有罪判決を受けた人も恩赦を申請することが可能。一方、ノースダコタ州の恩赦諮問委員会は年に2回しか開かれません。

罰則

0.5オンス(約14グラム)から500グラムまでの所持の場合、最大30日の懲役と1,500ドルの罰金。
500グラム以上の場合、最高1年の懲役と3,000ドルの罰金。

販売の場合は、量に関係なく重罪となり、10年以下の懲役と2万ドルの罰金です。

 

合法化推進の取り組みも行われていますが、最近ではCOVID-19のパンデミックによって停滞しています。

 

 

ノースダコタ州の医療用大麻の法律

2016年 合法化

所持

患者と登録介護者は、最大3オンス(約85グラム)の乾燥大麻を所持可能。

また、購入制限は乾燥大麻が2.5オンス(約70グラム)、その他の大麻製品はTHCが合計4,000mgまで。

ノースダコタ州では、乾燥させた葉や花、濃縮液、チンキ剤、カプセル、経皮吸収型パッチ、外用薬が認められており、食用品の大麻は認められていません。

栽培

薬局から40マイル(約64キロメートル)以上離れた場所に住んでいる患者は、学校から1,000フィート(約304メートル)以上離れた場所にある施錠可能な場所で最大8株の大麻プラントを栽培可能です。

 

ノースダコタ州での医療用マリファナの資格条件

ガン
HIV/AIDS
C型肝炎
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
アルツハイマー病および関連する認知症
クローン病
線維筋痛症
脊柱管狭窄症または慢性腰痛を含む神経障害
脊髄の神経組織の損傷で、難治性の痙攣という客観的な神経学的指標を伴うもの
緑内障
てんかん
末期疾患
以下の1つ以上をもたらす慢性的または衰弱した疾患、病状、またはその治療。
・悪液質(消耗性症候群
・以前に処方された薬や外科的処置に3ヶ月以上反応しない、または他の治療法で重篤な副作用が生じた重度で衰弱した痛み
・難治性の吐き気
・痙攣
・多発性硬化症に特徴的なものを含むがこれに限定されない、重度または持続的な筋肉の痙攣。

 

 

[英文でより詳しく知る]

Marijuana Policy Project : North Dakota

North Dakota Laws and Penalties

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...