バーモント州旗

「バーモント州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

合法

医療用大麻

合法

バーモント州の嗜好用大麻の法律

2018年 合法化

所持

21歳以上の成人は、乾燥大麻を1オンス(約28グラム)まで、ハシッシュや濃縮液を5グラムまで所持可能

栽培

自宅で6株まで栽培可能(成熟(開花)した大麻を2株、未成熟な大麻を4株(合計6株))

バーモント州では、合法的な栽培、加工、小売販売の免許制度制定に長い時間を要しており、まだ大麻の販売は始まっていません。

2020年9月22日、バーモント州議会は、マリファナの販売、所持制限に関する新しい法律を可決。

順調に行けば、小売販売は2022年5月1日に開始される予定です。バーモント州のマリファナ法の今後の変更があり次第、本内容を更新します。

州知事は、合法化について「複雑な気持ち」であるが、「大人が密室や私有地で何をしようと、それが他人、特に子どもの健康や安全に悪影響を与えない限り、彼らの自由である」と述べました。

バーモント州の現在の合法化の問題点は、成人が一定量のマリファナを所持が可能でも、合法的に購入することができない点です。

消費者は、自分で栽培するか、違法な取引で入手するしかありません。

 

バーモント州の医療用大麻の法律

2004年 販売の枠組みを設けずに合法化

2011年 医療大麻製品の販売を認める法案が可決

所持

乾燥大麻を2オンス(約56グラム)まで

栽培

自宅で9株まで栽培可能(成熟(開花)した大麻を2株、未成熟な大麻を7株(合計9株))

バーモント州の医療用大麻の疾患条件

ガン
多発性硬化症
HIV
AIDS
クローン病
パーキンソン病
緑内障
PTSD
慢性的な痛み
重度の吐き気
痙攣

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

CBDの抗てんかん作用に腸内細菌が関与か

大麻に含まれる成分CBDは抗てんかん作用を有することで知られており、この成分を高濃度に含有した医薬品「エピディオレックス」による治験が日本でも行われようとしています。ですが、CBDに...

THCAとは?

THCA(テトラヒドロカンナビノール酸)はTHCの前駆体となる酸性カンナビノイドです。THCAを熱・高温・光などにより脱炭酸させると、中性カンナビノイドであるTHCに変換されます。 そのた...

CBDVとは?

CBDV(カンナビジバリン)は1969年に初めて単離されたカンナビノイドで、天然の大麻草に少量しか含まれていない「マイナーカンナビノイド」に該当します。 CBDVの発見は50年以上も前ですが...

不安

「明日のプレゼンうまくいくかな」 「本番で失敗しないかな」 日常生活や仕事の様々な場面において、私たちは不安を感じる瞬間があります。 基本的に不安によって生活に支障が出ることはありませ...