オハイオ州旗

「オハイオ州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

違法(地域によっては少量を非犯罪化)

医療用大麻

合法

オハイオ州では、医療用大麻は合法ですが、ベイプを含め吸うことは医療用であっても認められていません。

現在、オハイオ州では、100グラムまでの所持は軽犯罪として扱われ、150ドルの罰金が科せられます。

デイトン市やシンシナティ市のようにいくつかの地域では、100グラムまでの所持に対する罰金や罰則を廃止した自治体もあります。(過去5年間で16の自治体が非犯罪化)

オハイオ州の医療用大麻の法律

2016年 合法化

2019年 患者への販売開始

所持

医療用大麻の患者、またはその介護者は、1回につき以下のものを購入可能です。

・乾燥大麻2.83グラム
・110ミリグラムのTHCのオイル、チンキ、カプセル、食用品(食用1個あたり50ミリグラム)
・295ミリグラムのTHCのパッチ、ローション、クリーム、軟膏
・590ミリグラムのTHCの気化用オイル

※所持量の合計は、州が90日分とみなす量を超えてはならない。

※州の法律では、気化用オイルの医療大麻の量に制限を設けていますが、オハイオ州の司法長官は2019年8月に、医療大麻の気化用オイルの喫煙も認められないことを示しました。しかし、この発言以外には州は医療用大麻の気化用オイルの喫煙が違法であることを示していません。

栽培

自家栽培は、禁止されています。

 

オハイオ州の医療用大麻の疾患条件

HIV/エイズ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
アルツハイマー型認知症
慢性的、重度、または難治性の痛み
ガン
慢性外傷性脳症
クローン病
てんかんまたはその他の発作性疾患
線維筋痛症
緑内障
C型肝炎
炎症性腸疾患(IBD)
多発性硬化症
パーキンソン病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
鎌状赤血球症
脊髄損傷または脊髄疾患
トゥレット症候群(チック)
外傷性脳損傷(TBI)
潰瘍性大腸炎

 

 

[英文でより詳しく知る]

Ohio Cannabis Association

Ohio Laws and Penalties

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...