ユタ州旗

「ユタ州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

違法

医療用大麻

合法

ユタ州の嗜好用大麻の法律

ユタ州では嗜好用大麻は非犯罪化されておらず、完全に違法です。

嗜好用大麻を合法化する法案や投票も行われておらず、ユタ州の議員たちは、合法化の議論をテーブルの上に置かないという確固たる姿勢を示しています。

罰則

1オンス(約28グラム)未満の大麻の所持は、軽犯罪に分類され最高6ヶ月の懲役と最高1,000ドルの罰金が科せられます。

1オンス(約28グラム)から1ポンド(約453グラム)までの所持は、軽犯罪に分類され最高1年の懲役と最高2,500ドルの罰金が科せられます。

1ポンド(約453グラム)から100ポンド(約45キログラム)までの所持は、重罪となり最高5年の懲役と最高5,000ドルの罰金が科せられます。

2回目、3回目の犯行の場合は、より多額の罰金と長い懲役刑が科せられます。

販売や流通の場合は、量に関わらず重罪となります。未成年者の前や公共の場で大麻を配布した場合は、罰則が更に強化されます。

ユタ州の医療用大麻の法律

2018年 有権者の投票により合法化

所持

資格のある患者は、承認された医療用のマリファナを30日以内に、113グラムまで、THCを20グラムまで購入することが可能

承認された提供方法は、マリファナの花、錠剤、カプセル、濃縮オイル、液体、局所及び経皮製剤、ゼラチン状のキューブ、ワックス、樹脂、ベイプを含むことが2019年明確にされました。ただし、喫煙や大麻食品は禁止されています。

栽培

自家栽培は認められていません。

ユタ州の医療大麻の疾患条件

HIVまたはAIDS
アルツハイマー型認知症
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
ガン
従来の治療に著しく反応しない持続的な吐き気
クローン病または潰瘍性大腸炎
てんかんまたは衰弱した痙攣
多発性硬化症または持続的で衰弱した筋痙攣
心的外傷後ストレス障害(PTSD)(条件付きで可)
自閉症
患者の余命が6ヶ月未満の末期疾患
個人がホスピスケアを受けることになる状態
連邦法で定義された米国内の患者数が20万人未満の希少疾患で、従来の薬剤(オピオイドやアヘン剤を除く)や物理的介入による治療を試みても、十分な管理ができない状態。
2週間以上続く慢性的な痛みで、従来の薬(オピオイドやアヘン剤を除く)や物理的な介入を試みたにもかかわらず、十分な管理ができない状態。
上記の条件に当てはまらないが、医療用大麻が有効であると医師が判断した病気を患っている場合は、申請可能。

 

 

[英文でより詳しく知る]

Utah Laws and Penalties

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...