モンタナ州旗

「モンタナ州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

合法

医療用大麻

合法

マリファナの購入、所持、使用の合法年齢を21歳に設定し、それ以外の場合、モンタナ州では18歳以上を成人と定義しています。

モンタナ州の嗜好用大麻の法律

2020年11月 住民投票によって嗜好用大麻を合法化

2021年1月 法律を施行

所持

21歳以上の成人は、1オンス(約28グラム)までの乾燥大麻と8グラムまでの大麻濃縮物を所持することが可能

栽培

21歳以上の成人は、一人最大4株の大麻プラントの栽培が可能(一世帯では、最大8株)

販売

モンタナ州では、2021年10月1日までに免許の受付・発行を開始、2022年1月に嗜好用大麻の販売を開始予定。

嗜好用大麻には一律20%の税金が課せられ、大麻販売店は新聞やテレビに広告を出すことはできません。

 

 

モンタナ州の医療大麻の法律

2004年 合法化

合法化されて以来モンタナ州は、挫折の繰り返しでした。

モンタナ州の医療用大麻販売薬局は当初、爆発的に増加しましたが、

2011年 州議会で承認された法案によって、それぞれの医療用大麻販売薬局の患者数を3人以下に制限。この法律の施行は裁判で何年も延期され、2016年に施行。モンタナ州の医療大麻患者の93%が州の医療大麻プログラムから離れ、違法市場に流れました。

2011年の終わりに、患者3人以下ルールを廃止する施策を承認。その後、医療大麻患者数が2011年以前の水準に戻るまでには約3年を要しました。

モンタナ州の医療大麻プログラムは、州の保健社会福祉局(DPHHS)が運営。DPHHSは、患者や医療機関向けの説明書やFAQをウェブサイトで公開しています。

未成年者は、法定後見人の同意と2人の医師の承認があれば医療大麻治療を受けることができます。

モンタナ州には、約38,000人の患者と約240の薬局があり、米国の全州の中で一人当たりの薬局数が3番目に多く、ミズーラ市は国内都市で一番一人当たりの薬局の数が多い。

モンタナ州の医療用大麻の疾患条件

ガン
緑内障
HIV/AIDS
重度の慢性疼痛
難治性の吐き気または嘔吐
てんかん
多発性硬化症
クローン病
痛みを伴う末梢神経障害
慢性的な痛みを伴う痙攣
筋肉の痙攣
中枢神経系の疾患
ホスピスケアへの入所
心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

 

[英文でより詳しく知る]

Marijuana Policy Project’s Montana

Montana Laws and Penalties

日本人に向けた外務省からの注意喚起

日本では、大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあり、在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

石井 竜馬

海外の大麻企業(栽培・加工・販売免許を保持して6年目)に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴19年。

↓ おひねりお待ちしてます。

コメントする

Your email address will not be published.

Recent Articles

Uber EatsでTokyo Smokeの大麻の注文が可能に

Uber Eatsは、カナダのオンタリオ州で大麻の注文を受けることをプレスリリースで発表しました。「cannabis」という新たなセクションを設け、Tokyo Smokeの商品を11月22日(月)より掲載し...