ネバダ州旗

「ネバダ州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

合法

医療用大麻

合法

嗜好用大麻における規定

2016年11月、住民投票により承認。
2017年1月1日より合法化。

◯所持・使用

21歳以上の成人は、2.5オンス(約71g)までの乾燥大麻、4分の1オンス(約7g)までの濃縮大麻の所持が可能。これを超える量の所持は刑事罰の対象となります。

合法化当時は1オンス(28g)までの乾燥大麻、3.5gまでの濃縮大麻の所持が可能となっていましたが、2024年1月1日に「SB277」が発効したことで所持制限が倍増されました。

公共の場での大麻の使用は禁止。ただし、大麻ラウンジでの使用は可能。

ネバダ州は2021年に大麻ラウンジを合法化する法案を可決。2023年には初めて正式なライセンスが発行されました。

なお、ネバダ州は、ドライブスルー大麻販売の先駆者でもあります。

◯栽培

21歳以上の成人は、大麻小売店から25マイル(約40km)以上離れた場所に居住している場合に限り、6株まで大麻の自家栽培が可能。

1世帯では12株まで栽培できます。

◯販売

2017年7月1日より開始。

大麻の卸売時には15%の物品税、小売店での販売時には10%の売上税が課せられます。

◯その他

大麻の税収はまず、州や地方による大麻市場の規制のために充てられます。その後、残りの税収は公立の義務教育(K-12)の支援のために用いられます。

ネバダ州は雇用において大麻使用者への差別を禁じた全米初の州(2020年1月1日〜)。大麻検査で陽性反応が出たことを理由として求職者の雇用を拒否することは”違法行為”となります(ただし、消防士や運送業者など、安全に配慮が必要な職種や連邦政府により検査が義務付けられている職種は例外)。

2019年7月1日以降、合法化された内容の大麻関連の前科を有する人は、裁判所に犯罪記録の封印を求めることが可能となっています。

医療用大麻における規定

2000年、合法化

◯所持・使用

資格のある患者は、14日ごとに2.5オンスまでの乾燥大麻の所持が可能。

◯栽培

資格のある患者は、大麻小売店から25マイル(約40km)以上離れた場所に居住している場合に限り、大麻を12株まで自家栽培することができます。

◯販売

2024年1月1日以降、医療用大麻患者は大麻製品(嗜好用大麻製品も含む)の購入時に売上税が課せられなくなっています

なお、同じく2024年1月1日以降、嗜好用大麻と医療用大麻の両方を取り扱っている小売店は、医療用大麻の事業ライセンスを更新する必要がなくなっています(嗜好用と医療用で別々にライセンスを取得する必要がなくなった)。

◯適応疾患

摂食障害(拒食症)
自閉症スペクトラム症(ASD)
自己免疫疾患
AIDS/HIV
悪液質
がん
重度または慢性的な疼痛
緑内障
オピオイド使用障害
痙縮/筋けいれん(多発性硬化症を含むが、これに限定されない)
発作(てんかんを含むが、これに限定されない)
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
神経障害性疾患
重度の吐き気
不安障害

NORML「Nevada Laws and Penalties」https://norml.org/laws/nevada-penalties-2/

NORML「Nevada Legalization」https://norml.org/laws/nevada-legalization/

NORML「Nevada: New Law Bars Employers from Discriminating Against Cannabis Consumers」https://norml.org/news/2019/06/13/nevada-new-law-bars-employers-from-discriminating-against-cannabis-consumers/

NORML「Nevada: Governor Signs Measure Sealing Past Marijuana Convictions」https://norml.org/news/2019/06/06/nevada-governor-signs-measure-sealing-past-marijuana-convictions

NORML「Nevada Medical Marijuana Law」https://norml.org/laws/medical-laws/nevada-medical-marijuana-law/

Marijuana Policy Project「Overview of Question 2」https://www.mpp.org/states/nevada/overview-question-2/

Nevada Cannabis Information Portal「Nevada Marijuana Laws 2024」https://nevadastatecannabis.org/laws

Nevada Department of Taxation「FAQs on Taxes for Cannabis Establishments」https://tax.nv.gov/FAQs/Retail_Marijuana/

Nevada Division of Public and Behavioral Health「Medical Marijuana Cardholder Registry」https://dpbh.nv.gov/Reg/MM-Patient-Cardholder-Registry/MM_Patient_Cardholder_Registry_-_Home/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。