ミシシッピ州旗

「ミシシッピ州」現在の大麻の合法化状況

/

嗜好用大麻

違法

医療用大麻

合法

嗜好用大麻における規定

乾燥大麻30g以下の所持は初犯のみ罰金250ドルの民事罰となりますが、それ以降は刑事罰が科されます。

2回目は250ドルの罰金と5〜60日間の懲役、3回目以降は最高1,000ドルの罰金と5日〜6ヶ月の懲役となります。

30gを超える所持は重犯罪となります。

250gまで:最高1,000ドルの罰金・1〜3年間の懲役
500gまで:最高5万ドルの罰金・2〜8年間の懲役
1kgまで:最高25万ドルの罰金・4〜16年間の懲役
5kgまで:最高50万ドルの罰金・6〜24年間の懲役
5kgを超える所持:最高100万ドルの罰金と10〜30年間の懲役

大麻の配布、販売、栽培、道具の所持も違法です。

濃縮大麻に関しての罰則はさらに厳しく、0.1gまでの所持でも、最高1,000ドルの罰金と最高1年間の懲役が科されます。

医療用大麻における規定

2022年2月2日に合法化。

2023年1月25日、認可されたディスペンサリー販売が開始

○所持・使用

資格のある患者は1日あたり乾燥大麻3.5g、濃縮大麻1g、THC100mgまでの製品の所持が可能。

1週間に21g(3/4オンス)を超える購入、1ヶ月に84g(3オンス)を超える購入、1度に98g(3.5オンス)を超える所持は不可。

外用薬、飲料、花、ジュース、食品、軟膏、クリーム、カプセルなど、様々な形状で使用が許可されています。

ただし、公共の場や車内での喫煙、使用後の自動車の運転は違法となります。

医療用大麻の購入には5%+消費税が課されます。

○栽培

栽培は認められていません。

○適応疾患

がん
パーキンソン病
ハンチントン病
筋ジストロフィー
緑内障
四肢の痙縮
HIV、AIDS
肝炎
ALS(筋萎縮性側索硬化症)
クローン病
潰瘍性大腸炎
鎌状赤血球貧血
アルツハイマー型認知症
認知症に伴う攻撃性
PTSD
自閉症スペクトラム症
オピオイドで改善しない痛み
糖尿病などによる末梢神経障害
脊髄損傷などの脊髄疾患
悪液質や消耗性症候群
慢性疼痛
重度あるいは難治性の嘔吐
てんかん
多発性硬化症などによる重度で持続的な筋けいれん

○医療大麻法の背景

2014年、重度のてんかん患者において0.5%以下のTHCを含んだCBDオイルの使用などを認めたハーパー・グレース法(the Harper Grace Law)が可決。当時、CBDオイルの調剤が認められていたのはミシシッピ大学医療センター(UMMC)のみでした。

2020年11月、住民投票により、医療用大麻プログラムを合法化する「イニシアチブ65」が承認。

2021年5月、ミシシッピ州最高裁判所はイニシアチブ65を「不備がある」という理由で無効化。

2022年2月2日、州知事が法案「SB2095」に署名し、正式に医療用大麻が合法化。

Mississippi Cannabis Information Portal「Mississippi Marijuana Laws」https://mississippistatecannabis.org/laws

Mississippi State Department of Health「Mississippi Medical Cannabis Program (MMCP)」https://msdh.ms.gov/page/30,0,425.html

Marijuana Policy Project「Mississippi」https://www.mpp.org/states/mississippi/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...