米、嗜好用大麻の税収が累計200億ドルを超える

米、嗜好用大麻の税収が累計200億ドルを超える

/

大麻擁護団体「Marijuana Policy Project 」の報告によれば、米国は州レベルで嗜好用大麻の販売を開始してから2024年第1四半期までの間に、嗜好用大麻の販売から200億ドル(約3兆1,100億円)以上の税収を集めています

2014年にコロラド州ワシントン州が米国で初めて嗜好用大麻の販売を開始して以降、米国では24州で嗜好用大麻が合法化されています。

このうち、昨年嗜好用大麻を合法化したデラウェア州ミネソタ州(先住民を除く)、オハイオ州ではまだ嗜好用大麻の販売が開始されていません。また、バージニア州は嗜好用大麻を合法としながらも、販売を拒否し続けている唯一の州となっています。

嗜好用大麻を合法化した州はその販売に税金を課しています。これらの税収は教育、公共施設、いじめの防止、物質使用障害の治療、退役軍人サービス、自然保護、職業訓練、大麻関連の前科抹消、大麻の取締りにより不釣り合いな影響を受けたコミュニティへの再投資など、様々な社会サービスやプログラムに役立てられています

Marijuana Policy Projectのレポートによれば、嗜好用大麻の販売を行っている21の州は、2014年から2024年第1四半期にかけ、嗜好用大麻の物品税(excise tax)と売上税(sales tax)から累計で200億6,805万1,561ドルを徴収。

また、2023年の税収はコロラド州、ワシントン州、オレゴン州、ネバダ州、カリフォルニア州などでは減少したものの、米国全体では過去最高の約41億ドル(約6,400億円)を記録していたことが明らかにされました。

嗜好用大麻から得られた税収(米国全体)
Source:Marijuana Policy Project「Cannabis Tax Revenue in States that Regulate Cannabis for Adult Use」

なお、2022年では嗜好用大麻の販売が開始されて以降、初めて税収の減少が記録されていますが、これについて専門家は新型コロナウイルスのパンデミックを含む様々な要因が関連していると指摘しています。

レポートの最後の部分では、「大麻の合法化は、州政府や社会サービス・プログラムに莫大な経済的利益をもたらす。規制された嗜好用大麻市場を確立することで、州や地方自治体は大麻の売上に課税することができ、何千もの新たな雇用を創出することで経済的利益を得ることができる」

「課税・規制された大麻市場を持つ多くの州では、全体の売上高と税収が当初の見込みを早々に上回っている」と述べられています。

また、レポートでは、嗜好用大麻の合法化は経済面だけに留まらず、様々な面において恩恵をもたらすと強調されています。

「嗜好用大麻の合法化と規制による経済的影響は、合法化による多くの利点のひとつであることに留意することが重要である。嗜好用大麻の合法化によって違法市場が縮小し、法執行機関が重大犯罪に集中できるようにもなった

「合法化された州では、大麻が麻薬カルテルや犯罪者ではなく、納税をしている合法的な企業によって生産・販売されているため、当局は誰が、どこで、いつ、誰に大麻を販売しているのかを実際に知ることができる」

「トラウマになるような逮捕や投獄の可能性、チャンスの扉を閉ざす犯罪歴から、何十万人もの人々が免れている。一方、10代の大麻使用率は上昇しておらず有権者の支持も高まっている

大麻による経済的な恩恵は、他のレポートでも報告されています。

米国国勢調査局は2021年第3四半期から2023年第2四半期にかけ、米国の大麻合法州が大麻の物品税から合計57億ドル(約8,900億円)以上を徴収していたことを報告

投資銀行「TD Cowen」の調査では、米国における2023年の大麻の売上が290億ドル(約4兆5,100億円)となり、消費者のアルコール離れが加速していたことが報告されています

なお、コロラド州イリノイ州ミシガン州など嗜好用大麻を合法化したいくつかの州では、すでに大麻の税収がアルコールの税収を上回っています。

※為替は記事公開時点のレートで計算しており、リンク先の記事と日本円の数字が異なることがあります。最新の米ドル・円の相場はこちら

Marijuana Moment「States Have Generated Over $20 Billion In Marijuana Tax Revenue Since First Markets Opened, New Report Finds」https://www.marijuanamoment.net/states-have-generated-over-20-billion-in-marijuana-tax-revenue-since-first-markets-opened-new-report-finds/

Marijuana Policy Project「Cannabis Tax Revenue in States that Regulate Cannabis for Adult Use」https://www.mpp.org/issues/legalization/cannabis-tax-revenue-states-regulate-cannabis-adult-use/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...