米国成人約6割「大麻はお酒やタバコよりも安全」と回答

- 米国における3つの最新世論調査

/

最新調査によれば、米国成人の半数以上は大麻の合法化を支持しており、大麻はアルコールやタバコよりも安全であると考えています。

大麻愛好家の祝日として知られる4月20日を迎えるにあたり、複数の企業が米国において大麻に関する世論調査を実施しました。

この記事では、データ・フォー・プログレス(Data for Progress)、ハリスポール(The Harris Poll)、YouGovの調査について、主な結果を記載していきます。

66%が全米での大麻合法化を支持

世論調査会社「データ・フォー・プログレス」は2024年4月11日・12日において、全米有権者1,207名を対象としたオンライン調査を実施。その結果、66%が全米での嗜好用大麻合法化を支持していることが明らかにされました。

嗜好用大麻の合法化について
出典:Data For Progress「High Support for Legalizing Marijuana at the Federal Level」

また、規制物質法における大麻のスケジューリングについて、大麻をスケジュールⅢの物質に分類すべきと考えているのは59%であったのに対し、これまで通りスケジュールⅠの物質に分類すべきと考えている人は27%でした。

大麻のスケジューリングについて
出典:Data For Progress「High Support for Legalizing Marijuana at the Federal Level」

2023年8月、米国保健福祉省(HHS)は麻薬取締局(DEA)に対し、連邦法における大麻のスケジューリングをスケジュールⅠからスケジュールⅢへと緩和するよう勧告。この最終的な決定権を有する麻薬取締局は、現在も大麻のスケジューリングについて見直しを行っています。

他にもこの調査では、昨年ジョー・バイデン(Joe Biden)大統領が大麻の単純所持で有罪判決を受けた数千人の人々に恩赦を与えたことについて、76%が支持していることも明らかにされています。

バイデン大統領の恩赦について
出典:Data For Progress「High Support for Legalizing Marijuana at the Federal Level」

米国成人の約4割が大麻経験者

世論調査会社「ハリスポール」は2024年3月22日から3日間に渡り、全米の成人2,043名を対象としたオンライン調査を実施

調査では、10人に4人(39%)が大麻の使用経験があると回答。このうち、25%が週に1回以上、15%が1日に1回以上大麻を使用していました。

最も好まれた大麻の消費方法は喫煙(71%)で、次いでエディブル・飲料(62%)、ベイプ(56%)、ダブ(42%)。

「いつ大麻を使用するのか?」という質問では、「リラックスしたい時」(64%)、「不安を緩和するため」(53%)などの回答が多くみられ、大麻が心身を落ち着かせるために役立っていることが示されました。

大麻使用者の60%は、大麻を合法化するためであればアルコールの摂取をやめると回答。さらに、大麻使用者の77%は「タバコよりも大麻を好む」、73%は「アルコールよりも大麻を好む」と考えていました。

また、64%が「もはや大麻にかつてのような汚名はない」と考えていたことも明らかに。しかし、64%は大麻の使用について人と共有することに慎重であり、56%は初デートで大麻の使用を明かさないと回答していることから、依然として内在化されたスティグマが根強く残っているようにも見えます。

約6割が大麻はお酒やタバコよりも安全と認識

世論調査会社「YouGov」は2024年4月5日から8日にかけて、米国成人1,148名を対象としたオンライン調査を実施

これによれば、回答者の56%はこれまでの人生において大麻の使用経験があり、このうち24%は過去1年以内、17%は過去1ヶ月以内に大麻を使用。過去1年間に大麻を使用したと回答した人のうち、20%が週に数回、14%が月に数回大麻を使用していました。

CBDに関しては、回答者の37%が使用経験を報告しています。

大麻やCBDの摂取方法として最も人気だったのは喫煙(60%)であり、次いでエディブル(51%)、ベイプ・ダブ(30%)など。

大麻の使用経験がある人の73%は、その経験がポジティブなものであったと回答。全体の76%が大麻は特定の病状に役立つと考えていました。

全体では58%、大麻経験者では80%が大麻は「非常に安全」または「やや安全」と認識。また、大麻は他のハードドラッグ使用のきっかけになると言われることがありますが(ゲートウェイ仮説)、半数以上のアメリカ人(53%)は大麻がゲートウェイドラッグになるとは考えていませんでした。

大麻の安全性について
出典:YouGov「Most Americans believe marijuana is safer than alcohol and tobacco」

米国成人の64%はアルコールの常用が大麻の常用よりも健康に有害であると回答。タバコの常用に関しても、63%が同様に認識していました。

出典:YouGov「Most Americans believe marijuana is safer than alcohol and tobacco」

また、他の世論調査と同じように、この調査でも大多数(62%)の回答者が大麻の合法化を支持。さらに、全体の58%が非暴力的な大麻関連前科の抹消を支持していました。

大麻合法化について
出典:YouGov「Most Americans believe marijuana is safer than alcohol and tobacco」
非暴力的な大麻関連の前科抹消について
出典:YouGov「Most Americans believe marijuana is safer than alcohol and tobacco」

これらの調査から分かるように、州レベルで大麻の合法化が進むアメリカでは、大麻への認識が変化してきています。

Pew Research Centerの最新調査によれば、米国民の88%が医療または嗜好用大麻の合法化を支持

ギャラップ社は2022年、同社で調査を開始して以来初めて、アメリカで大麻の喫煙率がタバコの喫煙率を上回ったことを報告しました

2023年末に公開されたギャラップ社の調査では、米国有権者の70%が嗜好用大麻の合法化を支持していることが明らかに。また、同社の別の調査では、米国民の50%が大麻経験者であることも報告されました

さらに、米国成人の多くがアルコールやたばこよりも大麻のほうが害が少ないと認識していることも明らかにされています

このような中、嗜好用大麻を合法化したいくつかの州では、大麻の税収がアルコールやタバコの税収を上回っています

Marijuana Moment「Three In Five Americans Say Marijuana Is Safer Than Alcohol Or Tobacco, Survey Finds」https://www.marijuanamoment.net/three-in-five-americans-say-marijuana-is-safer-than-alcohol-or-tobacco-survey-finds/

Marijuana Moment「6 In 10 Americans Are ‘Surprised’ Marijuana Hasn’t Been Legalized Across The U.S. Yet, Poll Finds」https://www.marijuanamoment.net/6-in-10-americans-are-surprised-marijuana-hasnt-been-legalized-across-the-u-s-yet-poll-finds/

NORML「Polls: Most Americans Endorse Legalization, Say Cannabis Is Safer Than Either Alcohol Or Tobacco」https://norml.org/blog/2024/04/19/polls-most-americans-endorse-legalization-say-cannabis-is-safer-than-either-alcohol-or-tobacco/

Data For Progress「High Support for Legalizing Marijuana at the Federal Level」https://www.dataforprogress.org/blog/2024/4/20/high-support-for-legalizing-marijuana-at-the-federal-level

YouGov「Most Americans believe marijuana is safer than alcohol and tobacco」https://today.yougov.com/health/articles/49190-most-americans-believe-marijuana-is-safer-than-alcohol-and-tobacco

The Harris Poll「State of Marijuana, The Status of Marijuana in 2024」https://theharrispoll.com/wp-content/uploads/2024/04/State-of-Marijuana-April-2024.pdf

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国民の69%が嗜好用大麻の合法化を支持

アメリカのニュース放送局「FOX NEWS」の最新世論調査によれば、米国民の10人に7人が嗜好用大麻の合法化を支持しています。 この世論調査は5月10日から13日にかけ、米国有権者から無作為に抽...