アメリカ国民の半数が大麻経験者 新調査で明らかに

米国成人の半数が大麻経験者 新調査で明らかに

/

8月10日、世論調査会社「ギャラップ(Gallup)社」はアメリカにおける最新世論調査の結果を発表。これによれば、米国成人の半数が大麻経験者であることが明らかにされています。

この結果は2023年7月3日〜27日の間、18歳以上のアメリカ国民1,015名を対象に実施した電話インタビューに基づいたものとなっています。

回答者の50%がこれまでの人生において「大麻を試したことがある」と回答し、2021年の49%、2022年の48%からほぼ横ばいで経過。この割合は1969年ではわずか4%であり、1977年では24%、1985年では33%、2015年では44%と上昇してきました。

「現在大麻を吸っている」と回答した人は17%で、前年(16%)とほぼ同様。しかし、この質問が初めて行われた2013年では7%となっており、10年ほどで大麻使用者が倍増していることが分かります。

ただし、この質問は大麻を「喫煙(smoke)」しているかどうかを尋ねたものであり、エディブル、大麻オイル、大麻飲料などの消費者がこれに「YES」と回答していない可能性があります。そのため、これらを含めた広義の「大麻使用者」は17%よりも多いかもしれません。

「大麻を試したことがある」と回答した人は男性で53%、女性で44%。年代別では18〜34歳で49%、35〜54歳で51%、55歳以上で47%となり、ほとんど差がみられませんでした。

「現在大麻を吸っている」と回答した人は男性で19%、女性で14%。年代別では18〜34歳で29%、35〜54歳で17%、55歳以上で9%となり、若年者で多いことが明らかとなりました。

成人の大麻常用による影響については、32%が「あまり心配していない」、23%が「全く心配していない」と回答。その一方で、未成年における影響に対しては40%が「かなり心配」、35%が「やや心配」と回答し、強い懸念が示されました。

これに関しては、「若年者の大麻使用では脳の発達や精神衛生に悪影響を及ぼすリスクがある」とした疾病対策予防センター(CDC)の警告が反映されている可能性があるとされています。

本報告の結論部分では、「大麻の合法州が増えて入手が容易になるにつれ、アメリカ人による大麻の使用や経験の報告も増えています」と述べられています。

アメリカでは、昨年末にロードアイランド州ニューヨーク州が嗜好用大麻の販売を開始。今年に入り、コネチカット州ミズーリ州も販売を開始しています。

今年4月にはデラウェア州が新たに嗜好用大麻を合法化 。7月1日にはメリーランド州が嗜好用大麻を合法化するとともに、販売も開始。8月1日にはミネソタ州が全米23番目の嗜好用大麻合法州となり、州内の先住民により販売も開始しています

昨年にギャラップ社は調査を開始して以来初めて、アメリカで大麻の喫煙率がたばこの喫煙率を上回ったことを報告

また、同社が昨年末に行った調査では、米国成人の68%が嗜好用大麻の合法化を支持していることが報告され、この割合は前年と比べ同様となりました

今年4月には別の3つの世論調査において、米国民の半数以上が嗜好用大麻の合法化を支持していたことが再確認されています。

今年6月に公開された世論調査では、米国民の多くがアルコールやたばこよりも、大麻のほうが安全で依存性が低い認識していたことが明らかにされています。

また、国として嗜好用大麻を合法化したカナダでも、大麻の使用率が上昇傾向にあります。

2022年の調査によれば、過去1年以内に大麻を使用したと回答した人は27%。大多数の人が大麻とアルコールに関してはたまに摂取するくらいであれば危険性がない、あるいはほとんど危険性がないと認識し、たばこに関しては、大多数の人が時々の使用でも中程度から高いリスクがあると認識。

常用により有害となるリスクがあると認識されていたのは、たばこが95%で最も高く、次いで電子タバコ(87%)、アルコール(77%)、大麻の喫煙(74%)、大麻の飲食(64%)となっていました。

Gallup「Fully Half of Americans Have Tried Marijuana」https://news.gallup.com/poll/509399/fully-half-americans-tried-marijuana.aspx

Marijuana Moment「Fully Half Of American Adults Have Tried Marijuana, With Current Cannabis Smoking Outpacing Cigarettes, Gallup Poll Shows」https://www.marijuanamoment.net/fully-half-of-american-adults-have-tried-marijuana-with-current-cannabis-smoking-outpacing-cigarettes-gallup-poll-shows/

Gallup「Marijuana Views Linked to Ideology, Religiosity, Age」https://news.gallup.com/poll/405086/marijuana-views-linked-ideology-religiosity-age.aspx

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

大麻成分CBDが月経関連症状を緩和

大麻成分CBDの摂取により、月経関連症状に悩む女性の諸症状が緩和されたことが報告されました。論文は「Experimental and Clinical Psychopharmacology」に掲載されています。月経(生...