米国の68%の成人が大麻合法化を支持

米国の68%の成人が大麻合法化を支持

/

ギャラップ(Gallup)社は1969年に初めての大麻合法化に関する米国での世論調査を開始しました。

最初に世論調査を行った1969年には、米国の成人の12%が大麻合法化を支持。

その後、以下のツイートのグラフのように推移し、11月4日に発表された2021年の調査結果は2020年と同じく過去最高の68%の米国の成人が大麻合法化を支持していることが分かりました。

(ツイート翻訳)

米国の民主党支持者の83%、共和党支持者の50%がマリファナ合法化を支持している。

(ツイート翻訳)米国の民主党支持者の83%、共和党支持者の50%がマリファナ合法化を支持している。

年齢層別では、若い人ほど合法化を支持する結果となりました。

 

合法化賛成

合法化反対

18歳~34

77%

23%

35歳~54

70%

30%

55歳以上

60%

39%

※55歳以上の1%は回答を拒否

どの政党を支持しているかで分けた場合は、以下の結果となりました。

 

合法化賛成

合法化反対

民主党支持 

83%

16%

無党派

71%

28%

共和党支持

50%

49%

最終学歴で分けた場合には、以下の結果となりました。

 

合法化賛成

合法化反対

大学卒業

73%

27%

高校卒業またはそれ以下

58%

42%

現在このように全米を対象にした世論調査の結果が賛成多数であり州法での非犯罪化や合法化への法改正は行われても、連邦政府レベルでの法改正は行われていません。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...