米国、大麻使用者がタバコ喫煙者を初めて上回る

米国、大麻使用者がタバコ喫煙者を初めて上回る

/

アメリカの世論調査会社であるギャラップ社は、1930年代からタバコやアルコール、1960年代からは大麻の使用に関する調査を行なっています。

2022年7月に行なった調査によると、アメリカにおいて、タバコ喫煙率11%に対して、大麻喫煙率は16%となり、調査を開始して以来初めて大麻の喫煙率がタバコの喫煙率を上回ったことが分かりました。

また、生涯で一度でも大麻を経験したことがある割合は、初めて調査が行われた1969年のわずか4%から、約半世紀後の現在は48%と驚異的な上昇率となっています。

※タバコは連邦法によって全米で合法ですが、大麻は連邦法では違法であり州法によって一部の州で医療用途や嗜好用途で合法としています。

過去1週間の中でタバコを吸いましたか?

引用:https://news.gallup.com/poll/1717/Tobacco-Smoking.aspx

大麻使用経験がありますか?
大麻を普段吸いますか?

引用:https://news.gallup.com/poll/396893/americans-not-convinced-marijuana-benefits-society.aspx

大麻経験者及び使用者詳細

 

マリファナ経験者

マリファナ喫煙者

マリファナ食品消費者

アメリカの成人全体

48%

16%

14%

男女別

 

マリファナ経験者

マリファナ喫煙者

マリファナ食品消費者

男性

53%

18%

14%

女性

42%

14%

13%

年齢層別

 

マリファナ経験者

マリファナ喫煙者

マリファナ食品消費者

18歳~34

51%

30%

22%

35歳~54

49%

16%

16%

55歳以上

44%

7%

7%

また、使用者や社会に及ぼす影響についての調査への回答は下記の通り肯定派と否定派の見解が真っ二つに分かれています。

 

肯定

否定

マリファナ使用者への影響

53%

45%

マリファナが社会に与える影響

49%

50%

しかし、使用者や社会に及ぼす影響についての回答は、経験者ほど肯定し、未経験者ほど否定しており、大麻の経験の有無によって大きく回答結果が異なっています。

マリファナ使用者への影響(経験別)

 

肯定

否定

マリファナ経験者

70%

29%

マリファナ未経験者

35%

62%

マリファナが社会に与える影響(経験別)

 

肯定

否定

マリファナ経験者

66%

35%

マリファナ未経験者

27%

72%

また、ギャラップ社が行なった最新の大麻合法化に対する調査では米国の68%の成人が大麻を合法化すべきと回答しており、過去最高の合法化支持率となっています。

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外の大麻企業に投資家として関わる。会社を売却し標高1,000mの山の中で井戸を掘り、湧き水と共に家族で農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

Recent Articles

香港でCBD起業家の逮捕が始まる

中華人民共和国国務院(State Council of the People’s Republic of China)が9月19日に公開したプレスリリースによると、香港特別行政区の行政長官であるジョン・リー(李家超)氏がCBDにつ...