米国民の半数以上が嗜好大麻合法化を支持 3つの最新世論調査で明らかに

米国民の半数以上が嗜好大麻合法化を支持 3つの最新世論調査で明らかに

/

大麻愛好家たちの祝日「4月20日」を含む週に、アメリカでは大麻に関する3つの世論調査が公開されました。その全てにおいて、大麻の合法化を支持する人が多数を占めていたことが明らかとなりました。

今回調査を実施したのは、アメリカテレビ・放送局の「CBSニュース」、世論調査会社「CivicScience」、「YouGov」の3社。それぞれご紹介していきます。

CBSニュースの調査

2023年4月14〜18日にかけ、米国居住者1,582名に対しオンライン調査を実施。

主な結果は以下の通り。

・64%が、自身の居住する州において嗜好用大麻を合法化すべきと回答(民主党支持者73%、共和党支持者53%、無党派層66%)。非合法であるべきと回答したのは36%。

・53%が「大麻の使用は社会的に許容されている」と考えている。

・友達や家族が大麻を使用していたとしても、別に何とも思わないと回答したのは67%(よりよく思う7%、悪く思う26%)。逆に、自分が大麻を使用していた場合、友達や家族が自分のことをどう思うかという質問では、54%が「別に何とも思わないと思う」と回答(よりよく思う8%、悪く思う38%)。

・回答者の約3分の2が大麻を使用したことがないと回答。家族や友人が大麻を使用していると回答したのは43%(よく使用している11%、いくらか使用している32%)。

・近所に大麻販売店ができることについて、31%が賛成、37%が反対、32%が問題ないだろうと回答。すでに近所に販売店がある回答者は、賛成する傾向が高かった。

・近所に大麻販売店ができることに「賛成」と回答した理由として多かったのは、規制が容易になる(85%)、すでに広まっている(83%)、経済の活性化(81%)、税収の増加(77%)など。

・近所に大麻販売店ができることに「反対」と回答した理由として多かったのは、未成年へのアクセスが心配(87%)、好ましい場所でなくなる(83%)、犯罪が増える(82%)、健康に有害(80%)、全米ではまだ違法(72%)など。

CivicScienceの調査

4月20日に合わせ、大麻に関するトレンドを調査(回答者数は不明)。

主な結果は以下の通り。

・回答者の64%が全米での嗜好用大麻の合法化に賛成。反対と回答したのは25%。

・回答者の39%が大麻の使用を報告。そのほとんどが少なくとも月に1回程度使用。毎日使用していると回答したのは15%。全体の大麻使用量は、2022年から2023年にかけて微増。

・大麻の使用は若い世代で人気が高い。Z世代(18〜24歳)の60%近くが少なくとも月に1回以上、ミレニアル世代(25〜34歳)の55%が日常的に大麻を使用していると回答。

・大麻の摂取方法はこれまで通り喫煙が最も人気(36%)。エディブルは上昇傾向(27%)で、ベイプは下降傾向(25%)。

YouGovの調査

4月13〜20日にかけ、オンラインで実施された調査で、回答者は1000名。

主な結果は以下の通り。

・回答者の55%が、議会による全米での嗜好用大麻の合法化法案可決を支持。反対と回答したのは37%。

・「大麻の法律は全米で決定されるべきか、それとも各州に託されるべきか?」という質問に対し、48%が全米で決定すべき、38%が各州に託されるべきと回答。

・州における嗜好用大麻の使用について、58%が「合法であるべき」、42%が「非合法であるべき」と回答。

・大麻関連の前科抹消について、55%が賛成、23%が反対と回答。

・回答者の66%が大麻を使用したことがないと回答。8%が日常的に、10%が時々大麻を使用。

・大麻の安全性について、17%が「かなり安全」、28%が「やや安全」、21%が「やや安全でない」、25%が「かなり安全ではない」と回答。

アメリカでは州レベルで大麻の合法化が進んでおり、最近ではケンタッキー州が38番目の医療用大麻合法州デラウェア州が22番目の嗜好用大麻合法州となっています。

最近のアメリカの世論調査は、一貫して大麻の合法化を支持する人が過半数以上を占めています。

2023年1月に公開された調査では、1228名中65%が、全米での嗜好用大麻の合法化に賛成すると回答。

2022年6月に公開された調査では、2069名中78%が全米での嗜好用大麻の合法化を支持していたことが明らかとなっています。

また、最近嗜好用大麻の合法化計画を発表したドイツにおいても、1000名中61%が嗜好用大麻の合法化を支持していたことが、2022年9月の調査で報告されています

Marijuana Moment「Three New Polls Confirm A Strong Majority Of Americans Support Marijuana Legalization」https://www.marijuanamoment.net/three-new-polls-confirm-a-strong-majority-of-americans-support-marijuana-legalization/

CBS News「Open marijuana use is socially acceptable, most say」https://www.cbsnews.com/news/open-marijuana-socially-acceptable-poll-2023-04-19/

YouGov「YouGov Survey: Marijuana」https://docs.cdn.yougov.com/8ch4ork3by/Marijuana_poll_results.pdf

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

大麻の使用が脂肪肝の有病率の低さと関連

5月18日、連邦政府機関である米国疾病予防管理センター(CDC)のデータを分析した結果、大麻使用者は非使用者と比べ、脂肪肝の有病率が低かったことが中国の研究者らにより報告されました。論...

ネパール、医療用大麻の国内栽培を検討へ

5月29日、ネパールのプラカシュ・シャラン・マハト(Prakash Sharan Mahat)財務大臣は、連邦議会の合同会議で2023年度の予算について発表。この演説の中で、マハト大臣は医療用大麻の栽...