米ミズーリ州、嗜好用大麻の販売開始 合法化から2ヶ月

米ミズーリ州、嗜好用大麻の販売を開始 合法化から2ヶ月

/

米ミズーリ州では2022年11月9日、住民投票により嗜好用大麻の合法化法案が承認され、同年12月8日より施行が開始となっています。

これにより法案の施行初日から、州内の医療用大麻販売店は嗜好用大麻販売のためのライセンスを申請することが可能に。ミズーリ州保健福祉省(DHSS)によれば、申請開始初日の時点でこれらの販売店のうち約90%からの申請を受理しました。

当初販売が開始となるのは早くとも2月6日になると言われていましたが、保健福祉省は2月2日、ライセンスを承認したおよそ200軒もの販売店に対し、翌日より嗜好用大麻の販売が可能となる旨を通知。これにより、ミズーリ州において初となる嗜好用大麻の販売が2月3日より開始されました。

アメリカにおいて嗜好用大麻の販売を開始したのは、これで19州目となります。

嗜好用大麻の販売を開始したディスペンサリーの1つに、ミズーリ州で19もの店舗を展開している「Good Day Farm」があります。CEOであるライアン・ヘルゲット氏は、今まで(医療用大麻しか販売していなかった時)よりも売上が2、3倍になると予想し、約200名の従業員を新たに雇用したと述べています。

また、別のディスペンサリー「From the Earth」も、嗜好用大麻の販売に向け、40名以上の従業員を増員。多くの人々が嗜好用大麻を購入している最中、FOX4の取材に対し、共同経営者であるアダム・ディルツ氏は「平日の昼間でこの感じなので、おそらく今までの5倍は忙しいですね」と答えました。

Good Day Farmで初の来客となったグレゴリー・ウィリアムズ氏(55歳)は「大麻があれば、ちょっとした解放感を味わえるし、お役所仕事が少し楽になる」と述べ、今後は毎週大麻を購入する予定だと話しました。

フォレスト・ウィルソン氏(23歳)は、ビスコッティと呼ばれる品種のプリロールを1本購入。「周りから汚らわしいストーナー(大麻愛好家)みたいに見られることなく、外に出て、大麻を購入できるのは良いことです」「私はかなり心配性なので、(不安を和らげるために)ほとんどの時間大麻を吸っています」とコメント。

最近医学的処置を受け、現在痛みの緩和のために大麻を使用しているテレサ・グーチ氏(62歳)は、「店舗で様々な大麻製品を試し、何が一番(痛みに)効くのかを確かめられるのは、本当に素晴らしいことです」と語りました。

ミズーリ州は嗜好用大麻を合法化して以降、207軒のディスペンサリー、72軒の製造業者、56軒の栽培施設にライセンスを付与しています。

MJBizDailyによれば、ミズーリ州の嗜好用大麻の売上は、初年度で5億5,000万ドルに達し、4年後には8億〜9億ドルになる見込みです。なお、ミズーリ州で嗜好用大麻の小売に課される税率は6%であり、アメリカの中で最も低い水準となっています。

ミズーリ州では、嗜好用大麻の個人栽培の申請を2月6日から開始する予定でしたが、これも予定より早く、2月3日より開始となっています。

昨年12月8日より施行された嗜好用大麻の合法化法案に従い、ミズーリ州では1月19日の時点で大麻関連の前科が3,518件抹消されていましたが、2月2日の時点でその数は5,200件を超えています。

Marijuana Moment「Missouri Adult-Use Marijuana Sales And Home Cultivation Application Process Launch Ahead Of Schedule」https://www.marijuanamoment.net/missouri-adult-use-marijuana-sales-and-home-cultivation-application-process-launch-ahead-of-schedule/

U.S. News & World Report「Legal Recreational Pot Sales Begin for Missouri Adults」https://www.usnews.com/news/best-states/missouri/articles/2023-02-03/legal-recreational-pot-sales-begin-for-missouri-adults

FOX4「Kansas City dispensaries begin selling recreational marijuana」https://fox4kc.com/news/mo-marijuana/kansas-city-dispensaries-begin-selling-recreational-marijuana/

Cannabis Business Times「Missouri’s Adult-Use Cannabis Program Launches Today」https://www.cannabisbusinesstimes.com/news/missouri-adult-use-cannabis-sales-launch/

MJBizDaily「Missouri launch of recreational cannabis sales could be turning point for other red states」https://mjbizdaily.com/missouri-recreational-cannabis-sales-launch-impact-on-other-red-states/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。