カンザスシティ・ロイヤルズ、CBD企業とスポンサー契約を結ぶ2番目のメジャー球団に

カンザスシティ・ロイヤルズ、CBD企業とスポンサー契約を結ぶ2番目のMLB球団に

/

6月6日、米国ミズーリ州カンザスシティに本拠地を置くMLB球団「カンザスシティ・ロイヤルズ(Kansas City Royals)」は、CBD企業「ピュア・スペクトラム(Pure Spectrum)」とスポンサー契約を結んだことを発表。これによりロイヤルズは、球団単体でCBD企業とスポンサー契約を締結した2番目のMLB球団となりました。

2022年10月にMLBはリーグ全体として、著名なCBD企業の1つである「シャーロット・ウェブ(Charlotte’s Web)」とスポンサー契約を締結。今年4月には、シカゴ・カブスが球団単体としてCBD企業とスポンサー契約を結んだ初めての球団となりまし

「カウフマン・スタジアム」を本拠地とするロイヤルズは、これまでマック鈴木投手(1999〜2001年、2002年)、野茂英雄投手(2008年)、薮田安彦投手(2008〜2009年)、青木宣親外野手(2014年)といった日本人選手が在籍してきたMLB球団です。

ロイヤルズはピュア・スペクトラム社と提携することで、CBDが健康全般にもたらす潜在的な効果についてファンに啓蒙していくとしています。

すでに6月2日、ピュア・スペクトラム社はカウフマン・スタジアムの外野スタンドにある「アウトフィールド・エクスペリエンス」において、「ピュア・スペクトラム・ロッジ」をグランドオープン。同スタジアムのこの最新スペースでは、球場に訪れたファンがリラックスしながら試合を観戦したり、CBDの効果について学ぶことができるよう設計されています。

また、6月4日には、同社の協賛により、試合前にヨガを体験できる「Yoga Day」がカウフマン・スタジアムで開催されています。同社は8月1日の「AG Night」のスポンサーも担う予定です。

ロイヤルズの副代表であるサラ・トゥールヴィル(Sarah Tourville)氏は「カンザスシティ・ロイヤルズは、ピュア・スペクトラム社のような企業とパートナーシップを結ぶ2番目のMLB球団になることを誇りに思います」「この機会はカンザスシティにゆかりのあるブランドを支援し、CBDの利点について地域社会に教育するチャンスを与えてくれます」とコメント。

ピュア・スペクトラム社のCEOダン・ハーター(Dan Huerter)氏は「カンザスシティで育った私にとって、カンザスシティ・ロイヤルズとのパートナーシップは”夢が叶った”以上のものです」「このような象徴的な団体と協力し、故郷のコミュニティで健康と福祉の促進の一翼を担うことができるのは、信じられないほど光栄です」「ロイヤルズとのパートナーシップは、業界全体にとって記念すべき一歩であり、私たちがどれほど進歩してきたかを物語っています」と述べました。

なお、ピュア・スペクトラム社はMLB以外でも、オリンピック統括団体であるUSAトライアスロンUSAウェイトリフティングや、アマチュアアスリートの運動大会「クロスフィット・ゲーム(Crossfit Games)」のスポンサーも担っています。

近年、プロスポーツ界は大麻を許容し始めています。中でもMLBは、2019年の時点で大麻を禁止物質リストから除外することを発表しており、進歩的な動きをみせています。

MLBの各球団がCBD企業とスポンサー契約を結ぶことができるようになったのは昨年からです。球団がCBD企業とスポンサーシップを結ぶためには、国際的な第三者認証機関である「NSFインターナショナル」において、禁止物質が入っていない安全な製品であることを証明する「NSF Certified for Sport®」を取得する必要があります。

CBDは大麻に含まれる成分であることから、MLBのようなメジャーなスポーツリーグがこのような製品を扱う企業とパートナーシップを結ぶことには、大きな意味があると言えるでしょう。

MLB以外でも最近、NBAが禁止物質リストから大麻を除外することを発表しています。

大麻やCBDなどのカンナビノイドでは、鎮痛作用、抗炎症作用、抗酸化作用、神経保護作用などの効果が期待されており、このような理由からアスリートでも大麻製品を愛用する人が増えています。

2022年のアメリカの研究では、ハイキングやヨガなどの運動と大麻を組み合わせることで、多くの人が様々なポジティブな効果を実感していたことが報告されています。

今年3月にアメリカの研究チームは、3ヶ月以上慢性疼痛を抱えるプロアスリート20名にCBDを主成分としたクリームを6週間使用してもらった結果、痛みや日常生活機能の改善が認められたことを報告

最近、インディアナ大学の研究チームは、ヘディング後のサッカー選手において、大麻使用者では非使用者よりも脳へのダメージが少ないことを明らかにし、大麻がコンタクトスポーツにおいて有益となる可能性を報告しました

Marijuana Moment「Kansas City Royals Become Second MLB Team To Partner With CBD Company」https://www.marijuanamoment.net/kansas-city-royals-become-second-mlb-team-to-partner-with-cbd-company/

KSHB 41 Kansas City「Royals partner with Pure Spectrum CBD to educate fans on ‘potential benefits of CBD for overall wellness’」https://www.kshb.com/sports/royals-partner-with-pure-spectrum-cbd-to-educate-fans-on-potential-benefits-of-cbd-for-overall-wellness

FOX4KC WDAF-TV「Kansas City Royals launch partnership with CBD company」https://fox4kc.com/business/kansas-city-royals-launch-partnership-with-cbd-company/

Startland News「Royals partner with KC-linked CBD brand to tout health benefits of hemp for athletes」https://www.startlandnews.com/2023/06/royals-pure-spectrum-cbd/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国民の69%が嗜好用大麻の合法化を支持

アメリカのニュース放送局「FOX NEWS」の最新世論調査によれば、米国民の10人に7人が嗜好用大麻の合法化を支持しています。 この世論調査は5月10日から13日にかけ、米国有権者から無作為に抽...