イギリス、慢性疼痛に対する医療用大麻の大規模治験を承認

イギリス、慢性疼痛に対する医療用大麻の大規模治験を承認

/

8月2日、医療用大麻企業「セラドン・ファーマシューティカルズ(Celadon Pharmaceuticals)」と同社の子会社である民間医療用大麻クリニック「LVL Health」は、最大5,000人の慢性疼痛患者を対象とした医療用大麻の治験がNHS(国民保健サービス)から承認されたことを発表しました

イギリスは2018年に医療用大麻を合法化。しかし、国民健康保険で医療用大麻が処方される状況は非常に限られており、慢性疼痛は基本的に適用外となります。処方される医療用大麻に関しても、ほとんどが大麻由来医薬品(エピディオレックスサティベックスナビロン)のみに限定されています。

また、医療用大麻を処方できる医師は一般医療評議会(GMC)に登録された専門の臨床医のみであり、GP(General Practitioner:日本で言うところのかかりつけ医)は医療用大麻を処方することができません。

今回NHSの研究倫理委員会によって承認された「CANPAIN」と呼ばれる第3相試験(実際の治療現場を想定した、大規模な患者を対象とした臨床試験)では、がん以外の慢性疼痛に対する医療用大麻の有効性や安全性が検証されます。使用されるのは吸入用の大麻製品。研究は3年間実施され、少なくとも1年間治療を受けた5,000人の患者において検証が行われます。

セラドン・ファーマシューティカルズ社はすでに昨年、医薬品・医療製品規制庁(MHRA)からこの臨床試験の実施を条件付きで許可されていました。一方、NHSの研究倫理委員会はこれを承認するにあたり、3ヶ月間のフィジビリティスタディ(実現可能性研究)を行うことを同社に要請。

これを受け、同社は慢性疼痛患者100名を対象とした3ヶ月間の治験を実施。その結果、QOL、痛み、睡眠の改善オピオイドの減薬が認められたため、NHSの委員会は今回、この大規模治験の承認に至りました。

この治験が成功すれば、慢性疼痛に対する医療用大麻の処方が国民健康保険の適用となるだけでなく、専門医以外にもGPが医療用大麻を処方できるようになる可能性があります。

セラドン・ファーマシューティカルズ社のCEOであるジェームス・ショート(James Short)氏は「臨床試験が承認され、私たちの薬を患者さんに届けるという重要な仕事を始められることを嬉しく思います。セラドン社で行うことは全て患者さんから始まるのですが、生活の質の改善という点で、臨床試験の最初の部分から得られた結果は非常に素晴らしいものでした」

「私たちの長年の目標は、医師がイギリスで大麻ベースの医薬品を自信を持って処方できるようにし、これまでで最も確かなデータセットを作成することによって、英国市場を切り開くことです。これが、私たちが開発に2年以上かかった臨床試験プロトコルとLVLに投資したそもそもの理由です」

「この大規模な臨床試験は、NHSや保険会社による処方と払い戻しの可能性を促進するデータセットを提供するために、医薬品・医療製品規制庁と共同で設計されました」と述べています。

多くの制限がある中、イギリスでは医療用大麻のアクセス拡大に向けた様々な動きがみられています。

今年3月には、イギリス初のオンライン医療用大麻クリニック「トリートイット(Treat it)」が開設されました。このオンラインクリニックは慢性疼痛患者を対象としていますが、今後うつ病PTSDなどの精神疾患患者もサポートしていく予定となっています。

トップレベルの大学として知られるイギリスのオックスフォード大学は、世界にある様々な医療機関と協力し、統合失調症などの精神病に対するエピディオレックスの有効性を検証する国際的な治験を今年中に開始する予定

5月にはイギリスの国営病院が脳腫瘍患者を対象とし、大麻由来医薬品「サティベックス」を用いた大規模な治験プログラムを開始。この治験が成功すれば、今後脳腫瘍に対するサティベックスの処方が保険適用となる可能性があります。

NHSの委員会は6月、抗がん剤治療で悪心・嘔吐に苦しんでいた進行がん患者に対し、大麻の花の保険適用を承認しています

なお、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームは7月、医療用大麻の合法化が嗜好用大麻の使用状況に影響を与えていなかったことを明らかにするとともに、回答者の大多数が医療用大麻の保険適用を支持するなど、大麻改革に好意的であったことを報告

慢性疼痛に関しては最近、フロリダ大学の研究チームが医療用大麻による治療を開始した慢性疼痛患者を調査した結果、多くの人で痛みが緩和しただけでなく、心身の状態改善や処方薬の減薬も認められていたことを報告しています

London Stock Exchange「Approval to roll-out chronic pain clinical trial」https://www.londonstockexchange.com/news-article/CEL/approval-to-roll-out-chronic-pain-clinical-trial/16063887

Cannabis Health News「NHS approves major clinical trial on cannabis medicines and chronic pain」https://cannabishealthnews.co.uk/2023/08/02/nhs-approves-clinical-trial-on-cannabis-medicines-chronic-pain/

PharmaTimes「NHS nod for Celadon cannabis medicine trial」https://www.pharmatimes.com/news/nhs_nod_for_celadon_cannabis_medicine_trial_1495654

pharmaphorum「Celadon gets nod to start cannabis trial for pain in UK」https://pharmaphorum.com/news/celadon-gets-nod-start-cannabis-trial-pain-uk

ClinicalTrials.gov「CANPAIN Feasibility Study Pragmatic Real World Trial Investigating CBMP in Chronic Pain Patients (CANPAIN)」https://classic.clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT05288010?term=cannabis&cntry=GB&draw=2

leafie「Why aren’t GP’s prescribing medical cannabis in the UK?」https://www.leafie.co.uk/articles/gps-prescribing-medical-cannabis/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。