世界初 ギャンブル依存症に対する幻覚剤の治験が今秋に開始

世界初 ギャンブル依存症に対する幻覚剤の治験が今秋に開始

/

イギリスの研究チームは今年10月より、ギャンブル依存症患者を対象とし、マジックマッシュルームに含まれる幻覚成分「シロシビン」の有効性と安全性を検証する世界初の治験を開始します。

この画期的な研究を行うのは、インペリアル・カレッジ・ロンドンにあるサイケデリック研究センター「Centre for Psychedelic Research」の研究チーム。同センターは20〜65歳のギャンブル依存症患者5名と、これらの患者と年齢をマッチングさせた健常者(対照群)に対し、心理療法とシロシビンを組み合わせた治療を行います。

この研究を主導するライアン・ザファル(Rayyan Zafar)氏によれば、最初は5名から開始されるものの、来年以降は人数が増えていく予定となっています。

研究では、参加者がギャンブル課題を行っている時、ギャンブルに関連するビデオクリップを見ている時、ギャンブルに関連しないビデオクリップを見ている時に、脳の活動を調べる磁気共鳴機能画像法(fMRI)を用いることで、脳報酬系における微妙な機能の変化が調べられます。

シロシビンは近年、うつ病や不安障害などの精神疾患の治療において注目を集めており、最近では拒食症においてもポジティブな結果が報告されています

シロシビンはアルコール依存症に対しても有効な可能性を示しており、昨年の研究では、シロシビン治療群では対照群(ジフェンヒドラミン:抗ヒスタミン薬)と比べ、大量飲酒(4〜5杯/日以上の飲酒)の割合が確実かつ持続的に減少したことが報告されました。

さらに最近の研究では、シロシビン治療がアルコール依存症に対し有効性を示したのに加え、シロシビンがどのように作用するかについての新たな洞察が得られています。

しかし、ギャンブル依存症やその他の行動依存症に対してサイケデリクス(幻覚剤)の有効性を検証した研究は未だにありません。

ザファル氏は「これは世界初の試みです。ギャンブル依存症の人が臨床試験で幻覚剤治療を受けたことはなく、これは本当に先駆的な動きです。私たちはとても興奮しています。この研究をずっと前からやりたいと思っていました」と述べています。

ザファル氏によれば、イギリスではギャンブル依存症の治療として認知行動療法(CBT)のような心理療法が行われているものの、現時点で認可された薬物療法は存在しないといいます(一部の患者では、ナルトレキソンという薬が適応外で処方されている)。

ザファル氏は、アルコール依存症においてサイケデリクスが有効性を示していることから、ギャンブル依存症においても同様に有益な結果が得られると考えています。

「物質使用障害と行動依存の臨床上及び脳の特徴が似ていることから、サイケデリクスはこの病態の根底にある心理的、生理学的メカニズムと同じものをターゲットにできる可能性があると考えられます」

シロシビンは脳の可塑性を誘導することが研究で明らかにされており、その体験後には古い思考パターンが断ち切られ、新しい思考パターンを形成するための時間的余裕がもたらされる可能性が示されています。そのため、シロシビンは習慣的な行動パターンを断ち切る上でも役立つと予想されます。

近年、世界ではメンタルヘルスに対するサイケデリクスの有効性に期待が寄せられており、活発な動きがみられています。

オーストラリアでは今年7月1日より、PTSDに対しMDMA、難治性のうつ病に対しシロシビンを処方することが可能となっており、世界で初めて治療目的でのサイケデリクスが正式に合法化されました

アメリカでは、FDA(アメリカ食品医薬品局)によりMDMAとシロシビンが「画期的治療薬(Breakthrough Therapy)」 に指定されています。今年5月には、米国医師会(AMA)がこれらの物質による治療に対し医療コード(CPTコード)を承認。今後FDAから承認されれば、これらの治療が医療従事者に広く使用され、保険適用となる可能性があります。

連邦政府機関である米国国立衛生研究所(National Institutes of Health)は同月、物質使用障害に対するサイケデリクス治療の研究に150万ドルの資金提供を行うことを発表

また、米国ケンタッキー州はオピオイド使用障害に対するイボガインの研究を促進するために、4,200万ドル以上の資金提供を行っています

なお、カリフォルニア州立大学バークレー校が公開した先月の調査では、規制のもとでサイケデリクスの治療アクセスを合法化することに対し、米国有権者の61%が支持していたことが明らかにされています。

Psychedelic Health「World first study to explore psilocybin for gambling addiction」https://psychedelichealth.co.uk/2023/08/10/study-psilocybin-gambling-addiction/amp/

Centre for Psychedelic Research「Gambling Addiction Study」https://www.imperial.ac.uk/psychedelic-research-centre/participate-in-a-trial/gambling-addiction-study-/

High Times Magazine「First-Ever Study on Psilocybin Therapy for Gambling Addiction To Launch This Fall」https://hightimes.com/study/first-ever-study-on-psilocybin-therapy-for-gambling-addiction-to-launch-this-fall/

The Mirror「World first as magic mushroom drug used to treat gambling addicts in UK study」https://www.mirror.co.uk/news/health/world-first-magic-mushroom-drug-30636527

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。