ドイツ首相、嗜好用大麻合法化について「正しいことをしている」と発言
ドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)首相

ドイツ首相、嗜好用大麻合法化について「正しいことをしている」と発言

/

ドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)首相は最近、同国のテレビ局「Sat.1」と「ProSieben」のインタビューの中で大麻の使用経験がないことを明らかにしつつ、現在ドイツ国内で進行している大麻の合法化計画を支持していることを明らかにしました

インタビューの中で大麻の使用経験について尋ねられたショルツ首相は「いいえ、一度もありません。一度もです」と回答。

続けて、国内の嗜好用大麻合法化計画について質問されたショルツ首相は、長い間懸命に考えた末の決断であったものの、「私たちが踏み出そうとしているこの一歩は、まさに正しいことをしています」と語りました。

ただし、付け加えて「もし誰かが私に(大麻を)吸うべきか吸わないべきかと尋ねたら、私は常に”No”と答えるでしょう」と述べました。

ドイツ連邦内閣は最近、大麻の所持・栽培及び非営利の大麻栽培クラブを合法化する法案を承認。法案は9月以降の連邦議会で正式に立法が行われる予定で、年内の成立が期待されます。また、嗜好用大麻の試験販売プログラムを実施するための法案についても年内に発表される予定です。

昨年9月に公開された調査では、ドイツの有権者のうち61%が嗜好用大麻の合法化を支持していることが明らかにされています。

欧州薬物・薬物依存監視センター(EMCDDA)の「2023年欧州ドラッグレポート」によれば、1年以内の大麻使用を報告したドイツ国民は15〜34歳で17.2%、15〜64歳で8.8%。生涯における大麻の使用経験を報告したのは15〜34歳で45.6%、15〜64歳で34.7%となっており、若年層を中心に大麻の使用が増加傾向にあります。

このような中、大麻の使用経験がないことを明らかにしたショルツ首相とは異なり、嗜好用大麻の合法化計画を発表したドイツのカール・ラウターバッハ(Karl Lauterbach)保健相は、過去の大麻使用について公言しています

嗜好用大麻の合法化に肯定的な姿勢を見せている政治のリーダーは、ショルツ首相だけではありません。

例えば、チェコ共和国のペトル・パベル(Petr Pavel)大統領は先月、「規制された合法化を検討することは適切です。もしそうなった場合、(大麻関連の犯罪で有罪判決を受けた)人々が刑務所に居座り続けるのは筋が通りません。恩赦を与えるのが適切でしょう」と発言し、嗜好用大麻の合法化に対する支持を明らかにしています

南米の国コロンビアのグスタボ・ペトロ(Gustavo Petro)大統領も昨年、同国で提出されていた嗜好用大麻の合法化法案について「今こそ、麻薬戦争は失敗だったと国際社会が認めるべき時が来た」と述べ、支持を表明しています。コロンビアは今年、嗜好用大麻の合法化まであと一歩のところまで迫りましたが、上院の本会議にて否決。大麻を合法化するためには2年間の立法過程が必要となるため、コロンビアで嗜好用大麻の合法化が成立するのは早くとも2025年以降となります。

アメリカのバイデン大統領は嗜好用大麻の合法化を支持しているわけではありませんが、昨年10月には大麻関連の犯罪に恩赦を与えるとした大統領令に署名するとともに、規制物質法における大麻のスケジュールの見直しを要請。今年に入ってからも、バイデン大統領はキング牧師記念日黒人歴史月間を記念するイベントにおいて、「マリファナを所持しているだけで、誰も刑務所に入るべきではありません」と公言しています。

なお、アメリカで最初に嗜好用大麻を合法化した州の1つであり、今年にはサイケデリクス(幻覚剤)の合法化も承認したコロラド州のジャレッド・ポリス(Jared Polis)州知事は最近、同州における嗜好用大麻と幻覚剤の合法化について「Very good(非常に良いことです)」と発言しています

IamExpat in Germany「”Not a single puff”: Olaf Scholz says he has never smoked cannabis」https://www.iamexpat.de/expat-info/german-expat-news/not-single-puff-olaf-scholz-says-he-has-never-smoked-cannabis

International Cannabis Business Conference「German Chancellor Olaf Scholz Supports Cannabis Reform Despite Not Being A Consumer」https://internationalcbc.com/german-chancellor-olaf-scholz-supports-cannabis-reform-despite-not-being-a-consumer/

Nova Agency「Germany: Scholz defends plan to legalize recreational cannabis」https://www.agenzianova.com/en/news/germany-scholz-defends-plan-to-legalize-recreational-cannabis/

Marijuana Moment「Colombian Bill To Legalize Marijuana Stalls Out In Final Senate Vote, Despite Getting Majority Support」https://www.marijuanamoment.net/colombian-bill-to-legalize-marijuana-stalls-out-in-final-senate-vote-despite-getting-majority-support/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。