ドイツ、4月1日から嗜好用大麻を合法化

ドイツ、2024年4月1日から嗜好用大麻を合法化

/

現地時間3月21日、ドイツの連邦参議院は連邦議会が2月に可決した嗜好用大麻合法化法案承認。これにより、ドイツでは2024年4月1日より嗜好用大麻が合法化されることが確定しました

嗜好用大麻が合法となるヨーロッパの国は、マルタルクセンブルクに続いて3カ国目となります。

18歳以上のドイツ居住者は、自宅において50gまで乾燥大麻を所持することが可能。自宅以外の場所では25gまで所持することができます。また、大麻を自宅で3株まで栽培することも許可されます。

公共の場における大麻の消費は、子供の目の届く場所(学校、施設、公園等)やスポーツ施設から近い場所では禁止。歩行者専用区域では、午後8時から午前7時までの間のみ大麻の使用が認められます。

未成年による大麻の使用は、引き続き禁止のままとなります。

他にも、同法には非営利の「大麻栽培組合」を合法化する内容も盛り込まれており、これは7月1日から許可される予定です。

大麻栽培組合において、21歳以上の会員は25g/日、50g/月まで大麻を入手することが可能。18〜20歳の会員では30g/月までとされ、THC含有量も10%未満に制限されます。

また、今後医療用大麻はドイツにおいて麻薬とは分類されなくなり、通常の処方箋で取り扱われることになります

同法は、これまで科せられてきた大麻犯罪への実刑判決や罰金刑を過去にさかのぼって免罪することも規定。しかし、これはドイツ各州に途方もない業務を課すことを意味します

このような懸念もあり、ドイツ16州を代表する立法機関である連邦参議院は3月21日、法案の悪影響について議論し、同法を調停委員会に付託するかどうかを審議しました。調停委員会が開かれる場合、法案の施行は半年遅れ、最悪の場合法案が頓挫する可能性もありましたが、各州の代表は議論の末、法案を承認することを選択しました

なお、連邦参議院での審議に先立ち、カール・ラウターバッハ(Karl Lauterbach)保健相は法案施行の遅延を防ぐため、依存症や未成年による大麻使用の予防強化、大麻栽培組合の検査における自治体の負担軽減などを約束した文書(protocol declaration)を各州に提出していました

これらは法的拘束力がなく、各州の懸念に完全に対処するものではありませんでしたが、今回の連邦参議院の決定に影響を与えた可能性があります。

連邦参議院が法案を承認したことを受け、ラウターバッハ保健相はXにて「闘った甲斐があった。復活祭の月曜日に大麻の合法化がやってくる!責任を持って新たな機会を利用し、子供たちや若者を守って下さい。これが今日の闇市場の終わりの始まりになることを願っています」とポスト。

緑の党のキルステン・カパート=ゴンサー(Kirsten Kappert-Gonther)連邦議員は「我々はやり遂げた!禁止は終わる!2024年4月1日、私たちは歴史を作り、連邦各州とともに大麻の禁止を終わらせ、より多くの若者と健康を守ることを可能にする。貢献してくれた全ての人に感謝する!」と投稿しました

ドイツ社会民主党(SPD)のカルメン・ヴェッゲ(Carmen Wegge)氏も「あと10日で大麻が合法化され、国内で何百万人もの人々が犯罪者として扱われなくなる。この法律の制定に尽力した全ての人に感謝する」とポスト

自由民主党(FDP)のクリスティーネ・リュトケ(Kristine Lütke)連邦議員は「4月1日、私たちは全ての人の個人の自由を強化し、薬物政策のパラダイムシフトを確実にする」と投稿し、続けて「法律の第2の柱をできるだけ早く導入し、地域モデルのプロジェクトで商業的な(大麻の)栽培と認可された店舗での大麻の販売を実現しなければならない」と述べました

リュトケ氏が言及したように、4月1日からの嗜好用大麻の合法化はドイツの大麻改革における計画の第1段階であり、今後ドイツ政府は計画の第2段階である嗜好用大麻の試験販売を行うための法案を発表する予定です。

Marijuana Moment「Germany Marijuana Legalization Law Will Take Effect On Schedule Next Month After Lawmakers Decline To Delay Implementation」https://www.marijuanamoment.net/germany-marijuana-legalization-law-will-take-effect-on-schedule-next-month-after-lawmakers-decline-to-delay-implementation/

Business of Cannabis「Germany Passes Landmark Cannabis Bill: Bundesrat Votes In Favour Of CanG, With Law Set To Come In On April 01」https://businessofcannabis.com/germany-passes-landmark-cannabis-bill-bundesrat-votes-in-favour-of-cang-with-law-set-to-come-in-on-april-01/

MJBizDaily「Germany recreational cannabis legalization bill clears last hurdle」https://mjbizdaily.com/germany-recreational-cannabis-legalization-bill-clears-last-hurdle/

DW「Germany approves partial legalization of cannabis from April」https://www.dw.com/en/germany-approves-partial-legalization-of-cannabis-from-april/a-68641043

POLITICO「Cannabis will be legal in Germany within days」https://www.politico.eu/article/cannabis-possession-cultivation-legal-germany-april/

Marijuana Moment「Top German Officials Commit To Marijuana Legalization Law Changes Ahead Of Key Vote To Avoid Implementation Delay」https://www.marijuanamoment.net/top-german-officials-commit-to-marijuana-legalization-law-changes-ahead-of-key-vote-to-avoid-implementation-delay/

Business of Cannabis「Why Germany’s Cannabis Bill Is Now On The Brink」https://businessofcannabis.com/why-germanys-cannabis-bill-is-now-on-the-brink/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...