スイス最大都市チューリッヒが嗜好用大麻の試験販売を開始

スイス最大都市チューリッヒが嗜好用大麻の試験販売を開始

/

8月22日、スイス最大の都市チューリッヒは嗜好用大麻の試験販売プログラム「Züri Can – Cannabis with Responsibility」を開始しました

2021年、スイスは嗜好用大麻の試験販売を行うプログラムを可能にする改正法案を施行。このプログラムは、嗜好用大麻の合法化が大麻の消費パターンや健康に与える影響などを調査することを目的としています。

今年3月にスイス連邦公衆衛生局(FOPH)はチューリッヒの嗜好用大麻試験販売プログラムを承認しており、今回これが実現した形となりました。

現時点で研究参加者は約1,200名で、幅広い年齢層(18〜80歳)が参加していますが、80%が男性となっています。

大麻製品の販売は9軒の薬局と6軒のソーシャルクラブで行われています。大麻の消費は個人所有の個室や住宅で許可されていますが、ソーシャルクラブではその場で大麻を消費することも可能。現在、スイス国内で有機的に栽培された5種類の大麻製品が販売されていますが、秋にはさらに4種類追加される予定です。

プログラムは3年間行われる予定。大麻の販売場所は薬局やソーシャルクラブ、医薬品情報センターを含む最大21箇所まで拡大されます。1箇所につき50〜150人の参加者を受け入れることが可能となっており、参加者は最終的に2,100名を超える見込みです。

すでに今年1月には、スイスで3番目に大きな都市バーゼルが同様のプログラムを開始しており、チューリッヒがこれに続く形となりました。

なお、チューリッヒのプログラムではバーゼルと同様、スイス連邦公衆衛生局が大麻関連のソフトウェア企業Cannnavigia社と共同で開発したトレーサビリティーシステム「CDS(Cannabis Dispensary system)」が活用されています。

このシステムは大麻の栽培から消費までを監視・追跡することを可能にするものであり、研究報告書の作成に活用されるだけでなく、品質保証や未成年の使用予防にも役立てられます。

今後スイスでは、ローザンヌベルン、ジュネーブが同様のプログラムを年内に開始する予定。

なお、スイスの首都ベルンはコカインの試験販売プログラムの実施に向けた法案も可決しています。ただし、これを実施するには、スイス連邦政府においても同様の法案が承認される必要があります。

スイスと同じように、ヨーロッパでは嗜好用大麻の試験販売を実施しようとしている国が他にもあります。

ルクセンブルクは今年7月21日に嗜好用大麻を合法化。同国は現在、嗜好用大麻の試験販売に向けた規制の確立を目指しています。

ドイツは最近、大麻の所持・栽培及び非営利の大麻栽培クラブを合法化する法案を閣議決定しており、9月以降の連邦議会では正式に立法が行われます。さらに、嗜好用大麻の試験販売プログラムを実施するための法案も年内に発表される予定です。

ヨーロッパで初めて嗜好用大麻を合法化したマルタでは、嗜好用大麻の試験販売は行われないものの、嗜好用大麻を合法的に購入することができる「大麻クラブ」の利用が認められています。最近では大麻クラブの建設を認めるライセンスが初めて発行されており、早ければ2024年3月末までにマルタ初の大麻クラブが誕生する可能性があります。

チェコは今年4月に嗜好用大麻の合法化計画を公表しましたが、ここでは嗜好用大麻の試験販売について言及されませんでした。計画によれば、消費者は専用のデーターベースに登録することで、大麻専門の販売店で1日5gまでの大麻を購入し、消費できるようになります。

Cannabis Health News「Switzerland launches second cannabis pilot with support of Cannavigia software」https://cannabishealthnews.co.uk/2023/08/23/switzerland-launches-second-cannabis-pilot-with-support-of-cannavigia-software/

Newsweed「Zurich lance son projet-pilote de cannabis légal」https://www.newsweed.fr/zurich-lance-projet-pilote-cannabis-legal/

DayFR Euro「In pharmacies and other secure places: The sale of cannabis is launched but regulated in Zurich」https://euro.dayfr.com/local/721456.html

SWI swissinfo.ch「Zurich launches legal cannabis project」https://www.swissinfo.ch/eng/zurich-launches-legal-cannabis-project/48753160

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

スペイン、医療用大麻の規制草案を発表

2月14日、スペイン政府は医療用大麻の規制枠組みを定めた王室令(Royal Degree)の草案を発表。政府は3月4日までの間、この提案に対するパブリックコメントを募集しています。 スペイン下院の...

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。