ドイツ、嗜好用大麻合法化法案の内容を緩和 2024年4月の施行目指す

ドイツ、嗜好用大麻合法化法案の内容を緩和 2024年4月の施行目指す

/

11月27日、ドイツの連邦議員は嗜好用大麻合法化法案のいくつかの条項を緩和することに合意。法案が予定通り成立すれば、ドイツでは2024年4月1日以降、18歳以上の成人による大麻の所持・栽培が合法となります。

ドイツ連邦内閣は8月、成人における大麻の所持と栽培を合法化するとともに、非営利の大麻栽培クラブの利用を可能にする法案を閣議決定。10月にはドイツ連邦議会において初の審議(第一読会)が行われました

当初の予定では11月16日に最終読会が行われることになっていました。しかし、11月6日に行われた保健委員会での審議で、同法の実現可能性においていくつかの課題があることが明らかに。これらの解決に時間が必要となり、最終読会は延期となりました。

それから数週間後、ドイツ社会民主党(SPD)、自由民主党(FDP)、緑の党から成る「信号機連合(Traffic light coalition)」は、大麻合法化法案の修正案に合意。12月中には連邦議会で最終読会が行われる予定となりました。

緑の党のキルステン・カパート=ゴンサー(Kirsten Kappert-Gonther)連邦議員が「交渉の中で、私たちは青少年と健康における保護を保証し、(大麻の)成人使用者の非犯罪化を現実のものとする実用的な規制を見つけることに成功しました」と語っているように、修正案ではいくつかの条項が緩和され、再現性が高められています。

例えば、原案では25gまでの乾燥大麻の所持と3株までの大麻の自家栽培が可能とされていますが、実際に大麻を3株まで栽培した場合、25gを上回ることが指摘されていました。

そのため、修正法案では栽培された大麻の所持制限が倍増され、50gまでの所持が可能に(乾燥大麻での重量)。公共の場で所持できる乾燥大麻の量に関しては、引き続き25gまでとされています。

また、規定量を超えた瞬間にいきなり刑事罰が課されることがないように、自宅における50〜60gの乾燥大麻の所持、公共の場における25〜30gの乾燥大麻の所持に関しては行政違反扱いとされ、若干の猶予が設けられました。刑事罰はこれらの量を超えた所持において初めて課されます。

他にも、公共の場における大麻の消費は学校・運動場・公園から200m以内では禁止とされていましたが、100m以内にまで縮小されました。

自動車の運転手における血中THC濃度の制限値も緩和される予定。現在は血液1mlあたり1ngとかなり低く設定されていますが、2024年3月31日までに新たな制限値が提案される予定です。

一方、成人が未成年に大麻の栽培や購入を促したり、実際に大麻を販売すること関しては、厳罰化されています。

同法案が連邦議会で可決された場合、今度はドイツ16州を代表する立法機関である連邦参議院にて審議が行われる予定。この審議が行われるのは数カ月後とされています。

予定通りに進めば、18歳以上の成人における大麻の所持・自家栽培の合法化は2024年4月1日より。大麻栽培クラブに関する規定は同年7月1日より施行される見込みです。

また、合法化計画の第2段階である嗜好用大麻の試験販売に関する法案も、今後提出されることになっています。作成された法案は欧州委員会に提出された後、具体的な内容が明かされる予定です

※2023年12月9日追記

12月中に予定されていた最終読会は、ドイツ社会民主党の反対により延期となりました。反対の理由については不明です。

2024年1月19日までに最終読会が行われれば、合法化のスケジュールに遅れは生じないと報じられています

ドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)首相は8月、テレビ局のインタビューで嗜好用大麻の合法化について「私たちが踏み出そうとしているこの一歩は、まさに正しいことをしています」と発言

2022年9月に公開された調査では、ドイツ有権者のうち61%が嗜好用大麻の合法化を支持していることが明らかにされています。

Marijuana Moment「German Lawmakers Reach Agreement On Revised Marijuana Legalization Bill, With Final Vote Expected Next Week」https://www.marijuanamoment.net/german-lawmakers-reach-agreement-on-revised-marijuana-legalization-bill-with-final-vote-expected-next-week/

LTO.de – Legal Tribune Online – Aktuelles aus Recht und Justiz「Ent kri mi na li sie rung zum 1. April 2024」https://www.lto.de/recht/nachrichten/n/cannabis-entkriminalisierung-aenderungen-besitz-menge-abstand-konsum/

Forbes「Germany Will Likely Legalize Adult-Use Cannabis In 2024」https://www.forbes.com/sites/dariosabaghi/2023/11/28/germany-will-likely-legalize-adult-use-cannabis-in-2024/

leafie「Recreational cannabis closer in Germany with ‘softer rules’ for legalisation in 2024」https://www.leafie.co.uk/news/cannabis-legalisation-germany-2024/

Business of Cannabis「‘Difficulty in the Details’ Sees Germany’s Cannabis Act Delayed By Months」https://businessofcannabis.com/difficulty-in-the-details-sees-germanys-cannabis-act-delayed-by-months/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

米国医師会、違法薬物の非犯罪化を支持

現地時間6月12日、米国医師会(AMA)はシカゴで開催された年次総会において、違法薬物の非犯罪化を正式に支持する決議案を採択しました。 米国医師会は世界で最も権威ある医学会の1つであり、...

THC使用が終末期患者の生存期間延長と関連

ドイツの終末期患者のデータを分析した結果、THC治療を受けていた患者ではそれ以外の患者よりも生存期間が長かったことが明らかにされました。論文は「Medical Cannabis and Cannabinoids」...

南アフリカ、嗜好用大麻を合法化

現地時間5月28日、南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ(Cyril Ramaphosa)大統領は個人使用目的での大麻の所持・栽培を認める「私用目的の大麻法(Cannabis for Private Purposes Bill)」に...