ドイツ、嗜好用大麻合法化法案を公開

ドイツ、嗜好用大麻合法化法案を公開

/

7月5日、ドイツ保健省は嗜好用大麻合法化に向けた初の法案を公開しました

ドイツはすでに今年4月、嗜好用大麻合法化に向けた計画を発表。計画は2段階に分けられ、第1段階では個人使用目的での大麻の所持と栽培を合法化するとともに非営利の大麻栽培クラブの利用を可能にし、第2段階では特定地域の少数店舗において嗜好用大麻の試験販売プログラムが実施されます。

今回発表された法案はこの計画の第1段階について規定したものであり、法案として一般公開されたのはこれが初となります。

法案では計画通り、18歳以上のドイツ国民は個人使用目的で、25gまでの大麻の所持と3株までの大麻の個人栽培が認められます。ただし、大麻からオイルを抽出したり、濃縮物を製造することは禁止されます。

また、18歳以上のドイツ国民は会費を負担することで、特定の施設内で大麻を集団で栽培する非営利の「栽培組合」に加入することができます。栽培組合では、21歳以上であれば1日25g、1ヶ月50gまでの大麻を受け取ることが可能。ただし、18〜20歳は30g/月までとなり、THC含有量も10%未満に制限されます。

法案は来月に閣議決定される見通しで、ドイツ政府はこれを年内に発効することを目指しています。

また、嗜好用大麻合法化計画の第2段階の法案についても、欧州委員会及びEU加盟国と調整した後、年内に発表される予定です。

ドイツが嗜好用大麻を合法化する主な目的は「公衆衛生の向上」と「犯罪の減少」であり、昨年実施された世論調査によれば、ドイツ国民の61%がこれを支持しています。

カール・ラウターバッハ(Karl Lauterbach)保健相は、「明確な制限の範囲内で成人に大麻を販売できるようにすることで、闇市場を一掃し、犯罪と戦うことができるようになります」と述べるとともに、若者が大麻にアクセスするのを防ぐための「ガードレール」を設置していくことを強調しています。

今回発表された法案の主な内容は、以下の通り。

  • 18歳以上のドイツ国民は、個人使用目的で25gまでの乾燥大麻の所持、3株までの大麻の個人栽培が可能。ただし、栽培組合で働くスタッフに関しては例外となる。

  • 公共の場での大麻の使用は禁止。18歳未満の未成年で大麻の使用が明らかとなった場合、児童及びその保護者は、大麻の使用を控えるための早期介入プログラムへの参加が提案される。

  • 大麻からTHCやCBDなどのカンナビノイドを抽出することは禁止。

  • 栽培組合の会員となった者(21歳以上)は、1日25g、1ヶ月50gまでの大麻を組合から受け取ることができる。18〜20歳の会員に関しては1ヶ月に30gまでとなり、THC含有量も10%未満に制限される。

  • 栽培組合の会員以外であっても18歳以上であれば、組合が栽培に要した費用を支払うことで、1ヶ月に最大7個の種子、5本までの挿し木を譲り受けることができる(種子と挿し木は合わせて7つまで。また、非会員に対する無償譲渡は禁止)。

  • 個人使用目的あるいは栽培組合での集団栽培を目的として、EU加盟国から大麻種子を輸入できる。

  • 栽培組合及び大麻に関連する広告は禁止。

ドイツが嗜好用大麻合法化に向け本格的に動き出している中、ヨーロッパ内ではすでにマルタが嗜好用大麻を合法化し、最近ではルクセンブルクが個人使用目的での大麻の所持・栽培を合法化。これに続く形で、チェコも今年4月に嗜好用大麻の合法化計画を発表しています

他にもスイスでは、すでにバーゼルにおいて嗜好用大麻の試験販売プログラムが実施されており、さらに今後ベルン、ジュネーブローザンヌチューリッヒにおいても試験販売プログラムが実施される予定です。

Bundesministerium für Gesundheit「Entwurf eines Gesetzes zum kontrollierten Umgang mit Cannabis und zur Änderung weiterer Vorschriften」https://www.bundesgesundheitsministerium.de/fileadmin/Dateien/3_Downloads/Gesetze_und_Verordnungen/GuV/C/Cannabisgesetz-CanG_RefE.pdf

Marijuana Moment「Top German Officials Unveil Draft Marijuana Legalization Bill」https://www.marijuanamoment.net/top-german-officials-unveil-draft-marijuana-legalization-bill/

MJBizDaily「Germany publishes first draft law for recreational cannabis」https://mjbizdaily.com/germany-publishes-first-draft-law-for-recreational-cannabis/

廣橋 大

麻マガジンライター。看護師国家資格保有者。2021年より大麻の情報発信に携わる。

Recent Articles

イギリス、ヘンプの栽培規制を緩和

4月9日、イギリス政府は経済的・環境的可能性を最大限に引き出すため、ヘンプの栽培規制を緩和することを発表。この新たな規制は2025年の栽培シーズンより施行されます。 イギリスにおいてヘン...

マラウイが高THC大麻の栽培を承認

マラウイ共和国の議会は、認可された栽培業者が輸出を目的とし、THC濃度の高い国産大麻を栽培することを承認しました。 アフリカの南東部に位置するマラウイはタバコの主要な生産国であり、国...