コロラド州知事が大麻と幻覚剤の合法化は「Very good」であると発言

コロラド州知事が大麻と幻覚剤の合法化は「Very good」であると発言

/

8月1日、米国コロラド州のジャレッド・ポリス(Jared Polis)州知事はテレビ番組「Stossel TV」の中で、同州における嗜好用大麻とサイケデリクス(幻覚剤)の合法化について「Very good(非常に良いこと)」と発言しました

コロラド州はアメリカ内で嗜好用大麻を合法化した最初の州の1つとして知られています(ほぼ同時期にワシントン州が嗜好用大麻を合法化)。

さらに、コロラド州は昨年末、住民投票により自然由来のサイケデリクス(シロシビン、イボガイン、メスカリン、DMT、シロシン)を非犯罪化。5月末にはこれらの物質を合法化する法案が成立し、7月1日より発効となりました。これらのサイケデリクスは大麻のように小売店で販売されることはなく、ヒーリングセンターにおいて専門家の指導のもとで使用が可能となる予定です。

「Stossel TV」のインタビューの中で、ポリス州知事は司会者であるジョン・ストッセル(John Stossel)氏に「あなたの州は薬物の合法化において国をリードしてきましたね。大麻、そして今やサイケデリクスも。これは良いことですか?」と尋ねられ、以下のように回答。

「非常に良いことです。私たちは多くのドラッグディーラーを廃業に追い込みました。雇用と税収を創出し、より安全な製品にも繋がりました」

現時点でサイケデリクスの使用が可能なヒーリングセンターは州内で認可されていないため、ポリス州知事のこの発言は嗜好用大麻の合法化について語られているものと考えられます。

続けてストッセル氏は「心配はないのですか?」と質問。これに対しポリス州知事は、「最終的には個人の責任の問題だと思います。マリファナを使いたければ、酒を飲みたければ、タバコを吸いたければ、それは個人の権利です。政府がそれを決定すべきではありません」と返答しました。

ポリス州知事は先月、コロラド州デンバーで開催された「サイケデリック・サイエンス2023」においてオープニングスピーカーとして登壇し、サイケデリクスで有罪判決を受けた人々に恩赦を与えることを望み、これらの物質による治療を保険適用にすべきとの考えも表明しています

またポリス州知事は2月、州内で新たな大麻の自動販売機「ACE」が登場した際、「オーロラ市にあるこのディスペンサリーには、市場で初となる大麻の自動販売機がある」とツイートし、喜びを表しました。

この同月にコロラド州は、大麻栽培におけるエネルギーの効率化を支援するプログラム「CROP(Cannabis Resource Optimization Program)」を開始

5月には、大麻のオンライン販売を認める法案と、過去の大麻関連犯罪に基づいて専門職者の資格を取り消すことを禁止する法案も成立しています。

他にも同州では今年初めより、車内で大麻を消費できるバスツアーを提供する事業者に対するライセンスの発行を開始。3月にこのライセンスを州内で初めて取得した「カンナビス・エクスペリエンス(The Cannabis Experience)」は、デンバーでこのバスをすでに走らせています

なお、コロラド州知事だけでなく、イリノイ州のJ.B.プリツカー(Pritzker)州知事も今年2月、2020年に同州で嗜好用大麻が合法化されて以降、3万人以上の新規雇用が生み出されたことを強調しています

Marijuana Moment「Colorado Governor Says Marijuana And Psychedelics Legalization Has Been ‘Very Good’ For His State」https://www.marijuanamoment.net/colorado-governor-says-marijuana-and-psychedelics-legalization-has-been-very-good-for-his-state/

Reason Magazine「The Democratic Governor Who Wants Drug Legalization and Free Markets」https://reason.com/2023/08/02/the-democratic-governor-who-wants-drug-legalization-and-free-markets/

Denver7「Colorado’s first licensed cannabis-friendly tour bus ready to roll in Denver」https://www.denver7.com/news/front-range/denver/colorados-first-licensed-cannabis-friendly-tour-bus-ready-to-roll-in-denver

High Times Magazine「Colorado’s Cannabis Party Buses Keep Chugging Along」https://hightimes.com/business/colorados-cannabis-party-buses-keep-chugging-along/

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

ジャージー島、大麻の少量所持を非犯罪化

2月7日、イギリス海峡に浮かぶジャージー島の議会は、大麻の少量所持を事実上非犯罪化する法案を可決しました。 チャンネル諸島最大の島であるジャージー島は英国王室の直轄地ですが、強い自治...

世界の大麻合法化状況

現在、大麻はどの地域で、医療用や嗜好用、どのカテゴリーで合法や非犯罪化なのでしょうか?現在の世界の状況をまとめております。